Any-User Analytics

意見や考え方に関するリアルタイムなレポートで、より十分な情報を得た決断をしましょう。

ビッグデータ分析

センチメント分析

EXALEADをご利用のお客様は、ビッグデータのセンチメント分析を製品開発や公共政策など多様な分野で利用し、かつてない範囲、精度、適時性で次のような取り組みを行っています。

  • 問題、ブランド、組織などに関する公共認識の監視および管理(「評判管理」と呼ばれます)
  • 新しいまたは改善したサービスまたは製品の評判の分析
  • 潜在的な品質、価格、コンプライアンスの問題の予想と対応
  • 新興市場の成長機会と顧客需要の傾向の特定
利点
  • 既存の情報資産へのアクセスを平等化する
  • より賢明で状況に応じた意思決定を行うために、完全に新しい情報チャネルを利用する
  • 構造化データと非構造化データを関連付ける(および結合する)

探索分析

従来の分析(「オンライン分析処理」と呼ばれ、正確で事前に定式化された質問に対する回答を、よく知られた秩序ある領域のデータから引き出そうとする)とは異なり、探索分析とは、大半は未知のデータ・コレクションの中で1つの興味深い事実から別の事実へ、好奇心に従って発見をし、可能性を見つけ出すことです(このため、探索分析は「反復分析」とも呼ばれます)。 EXALEAD CloudViewは、専門家以外のユーザーがビッグデータの探索分析を「プル」モードと「プッシュ」モードでできるようにするのに最適なソリューションです。

「プル」モードでは、EXALEADの意味マイニング・ツールを使用して、データ内に埋め込まれた関係、パターン、意味を特定します。表示ツール、ファセット(動的クラスタとカテゴリ)および自然言語クエリを使用して、アドホック方法でこれらの関連性を探索します。

「プッシュ」方式では、特定の質問に対する回答のデータを順番に求めたり、特定の操作(ソートなど)を実行するように指示してどのような結果が出るかを確かめます。

これは、他のビッグデータ・テクノロジーとは異なり、一般のユーザーが探索分析の可能性を活用できるアプローチです。全体でサンプル抽出してどのような結果が出るか確認したり、状況に応じて、発見に基づいて行動を起こしたり、この情報を専門家に渡してさらに調査と検証を依頼することもできます。

運用状況レポートと分析

探索分析が計画に適しているのに対して、運用状況分析は行動に最適です。 このような分析の目標は、有意味の作動的指標に関するアクショナブルなインテリジェンスを、リアルタイムあるいはほぼリアルタイムで提供することです。

これは簡単なことではありません。というのも、このような指標の数多くが「スマート」ユーティリティ・メーター、RFIDリーダー、バーコード・スキャナー、Webサイトのアクティビティ・モニター、GPS追跡装置のようなネットワーク・デバイスが作り出す膨大な量の小さなパケット・データに埋め込まれているからです。 これはマシン用データであり、人間ではなく、他のマシンが使用するように作られています。

パフォーマンスの障壁はこうしたデータが非リレーショナル(NoSQL)データベースに格納されているのであれば克服できますが、この極めて重要なユーザービリティの障壁は残ります。 さらに、このようなシステムのほとんどに伴うバッチ更新処理によりデータの遅延が発生し、運用状況レポートとの互換性がなくなります。

データの遅延とユーザービリティの問題は、従来のデータ・ウェアハウスにとっても障害となっています。 さらに、特定の従来型関係データベースの拡張には、多大なコストと複雑さが伴います。

しかし、現在では企業のお客様はCloudViewを利用して技術的・経済的な障害を克服し、使いやすく大規模拡張可能な運用状況レポートおよび分析ソリューションを、非常に低いハードウェア・コストで実現できるようになりました。 さらに、これらのソリューションは、インテリジェントな運用上意思決定に欠かせないグローバルなサイロ間可視性を提供するようにネイティブ設計されています。

関連リソース

  • GEFCOのお客様活用事例
  • 検索ベース・アプリケーション(ソリューションの概要)