EXALEAD CloudView

ビッグデータ・アプリケーション

ビッグデータは今や、ネットワークに接続された機器からの絶え間ないデータの流れ、データウェアハウス、レガシーアプリケーションやメインフレーム、そしてウェブ自体のあらゆるところに存在します。この情報を利用できるようにすることで、カスタマー・エクスペリエンスを向上させる重要なビジネス・インサイトが得られます。ビッグデータから価値を引き出すには、まず従来の運用に影響を与えずにデータを活用できるリポジトリに取り込む必要があります。

CloudViewを利用することで、企業は以下が可能になります。

  • データの取り込み(単純な位置データやさらに複雑な情報など)
  • データ・ネットワークを通した情報の集約
  • 情報に基づく対応(迅速な行動や設計プロセスを改善するための長期データ収集)

CloudViewは、お客様がコンテンツを徹底的に構築できるテクノロジーをシームレスに統合し、マシンデータへの重要な新しいアクセスビリティを可能にします。CloudViewのウェブデータ収集機能を拡張する数あるコネクターの中にはソーシャル・メディア専用のコネクターもあり、Facebook、LinkedIn、Twitterなどの情報源から関連情報を簡単に取り込んで共有できます。あらゆる業界の組織では、使いやすく大規模に拡張可能な運用レポートや分析ソリューションをコストを抑えて実現させるために、技術面や経済面での障壁を克服できるCloudViewを活用しています。

主要な機能とメリット:

  • 組織は様々な形式で存在する数十億のレコードを処理、インデックス化し、アクセスを可能にする
  • 自動生成されたデータを大量に分析
  • システムデータを集約して、モノのインターネットから価値を引き出す
  • さまざまなコネクター経由で複数のソースにアクセス