Quality and Compliance

手戻りゼロを目指して

効果的な品質管理には、問題が発見された後のプロセス構築が含まれます。品質問題は現場で発生、あるいは開発および発売プロセスそのものが原因となり発生します。一部のソリューションは、Quality Functional Deployment (QFD)やFailure Mode and Effect Analysis (FMEA)など、品質問題を防ぐ様々な方法に重点を置いています。これらの専門分野やプロセスは、何年もの間、問題の発生防止や品質改善のメカニズムとして使用されてきました。

主なメリット

  • コンプライアンス・データをより広く共有し、より効果的な意思決定や人々の意識向上を実現
  • 製品開発の早い段階でサプライヤーによる宣言を統合 
  • 設計における材料コンプライアンスをリアルタイムにモニタリング
  • 製品開発全体を通じたトレーサビリティを確立し、インパクト解析に活用

ロールとオプション

  • Materials Compliance Manager

    幅広い製品の環境コンプライアンス情報と材料の規制を管理する

    詳細
  • Supplier Materials Compliance Engineer

    製品の外注した部品について、サプライ・チェーンから材料申告を収集する

    詳細
  • Materials Compliance Analysis

    材料コンプライアンス情報を監視、分析、管理して、優れた意思決定を実現する

    詳細
  • Quality Manager

    不適合報告書から是正措置や予防的処置に至る幅広い品質管理を行うための、統合クローズドループ・システム

    詳細
  • Quality Document Manager

    法規制コンプライアンスを徹底しながら、企業全体のコラボレーションのためのドキュメント管理を実現する

    詳細
  • Device Master Record Manager

    完全なトレーサビリティと自動報告書作成機能により、「生きた」DMRを提供する

    詳細
  • Regulatory Affairs Manager

    効率的なドキュメントの提出により、市販前承認を円滑にする

    詳細