IP Classification and Protection

知的財産の確保

企業は、製品開発や複雑な製品およびサービスの市場投入の際に、さまざまな複雑性に直面します。優れたアイデアの市場機会は、複数個所に分散して存在する場合があります。また、そうした市場に乗り出すには、バリエーションも考慮に入れなければなりません。さらに、仕様、部品表、要求事項、形状、モデルなど、製品の複雑さを反映したIPが作られます。最終的に、製品のグローバルな同時発売を実現するためには、定義やモデルの作成、実行のプロセスを適切に管理する必要があります。これらのIPはすべて、企業の市場競争力の向上を促進します。そのため、短期的および長期的な成功を収めるには、例外なく、IPを活用し保護する企業力が重要です。

主なメリット

  • 製品に関わるIPを他のエンタープライズ・システムから製品開発のビジネスプロセスに取り込み、情報を活用
  • それぞれの役割や業務に最適な形でデータを体系化
  • ファイルベースのデータ授受を排除
  • 日々のIP管理をユーザーに委ねる
  • IPを分類し、ITARなどの規制準拠のため、セキュリティ要求事項を満たす
  • 重要なIPへのデータアクセスやダウンロードの履歴を保存
  • 様々なプロジェクトや顧客のIP利用をトラッキング

ロールとオプション

  • Classification Manager

    安全なコンテンツ分類により、コンポーネントの再利用を促進し、コンポーネント管理のコストを削減する

    詳細
  • IP Security Manager

    知的財産の不正な開示を回避する

    詳細
  • IP Controlled Access

    ユーザーが企業のIPを表示およびアクセスする際の制限を実行および管理する

    詳細
  • Semiconductor IP Classifier

    IPを最大限に活用することで、製品を迅速に提供する

    詳細