Global Design Management

Collaborative Innovation

Collaborative Innovationは、最高の柔軟性とトレーサビリティによって製品設計、マルチフィジックス・シミュレーション、製造プロセス計画を管理する、拡張性が高いオンライン環境をエンジニアリング・チームに提供します。この環境は、小規模なエンジニアリング会社から世界中で事業を展開している企業とそのサプライ・チェーンまで、自由に拡張できます。

データシートのダウンロード

本製品について

Collaborative Innovationは、設計/エンジニアリングを中心としたプロセス、製造/生産を中心としたプロセス、およびシミュレーションを中心としたプロセスに対応する、共通のデータ管理アーキテクチャをベースとしています。オンライン環境により、中規模企業から大手企業が革新的な製品を迅速に市場に投入できるように支援します。さらに、新しいプロジェクトに取り組みながら、既存のデータも活用できる移行および共存機能も提供します。

Collaborative Innovationの高度なテクノロジーを活用することで、部品ライブラリへのアクセスやパートナーとの情報交換による設計の再利用が可能になります。Collaborative Innovationのユーザーは、あらかじめ定義された設計タスクを処理して設計影響分析を実行することで、想定される代案や変更を評価できます。さまざまなオプション・ライセンスにより、さらなる機能拡張が可能であり、構成済みの製品で作業を進めたり、設計変更を管理して追跡したり、完全なデジタル検証プロセスを実行したり、包括的な干渉分析を行うこともできます。

CATIA® 3Dエクスペリエンス®とともに使用すると、Collaborative Innovationは「データ主導の設計」をサポートする唯一の市販テクノロジーになります。

· 設計者は、3Dエクスペリエンス・プラットフォームを利用して設計をオンラインで直接記述して管理できます。最新ではない可能性があるデータをローカルにチェックアウトして作業する必要はありません。

·  設計者は、いつでもどこでもリアルタイムの仮想プロトタイプに安全にアクセスできるため、生産性が向上し、世界中のエンジニアリング部門の人材を活用して革新的な製品を開発できます。

·  設計者は、アセンブリーを「ファイル」ではなく「データベース」で管理する独自の機能により、製品アセンブリーをチームで同時に設計し、改善された「コンカレント・エンジニアリング」を実践できます。これにより、対象となる設計に早い段階で集中できるようになり、全体的なサイクル時間も短縮できます。

Collaborative InnovationConfiguration Managementで拡張すると、CATIA 3Dエクスペリエンスを管理する際に次の作業が可能になります。

·  設計者は、「構成されたコンテキストでの設計」機能により、全世界の市場ニーズを考慮しながら構成済みの単一製品構造内ですべての製品バリエーションを定義することができ、企業は製品の同時発表を達成できます。

·  設計者は、「最大事例」や「過負荷」設計セッションで影響するバリエーションから部品をリアルタイムで取得できるため、最適な設計を極めて短時間で得られます。この結果、設計の再利用が促進され、より多くのバリエーションを低コストで提供できるようになります。

Collaborative Innovationの効果は、CATIA 3Dエクスペリエンスの管理にとどまりません。CATIA® V5、SolidWorks® V1、NX™、Creo、Pro/ENGINEER、AutoCAD、Solid Edge、InventorなどのMCADアプリケーションや、Cadence® Allegro、Mentor Graphics、ZukenなどのECADアプリケーションで作成したコンテンツも管理できます。Collaborative Innovationには、CATIA V5およびSolidWorks用のコネクターも含まれており、その他のコネクターもアドオン・ライセンスで追加できます。

使用するCADツールにかかわらず、設計情報はすべての補完プロセスで直接使用できます。あるいは、設計部品表による同期を介しても使用できます。このように、最新の設計ステータスと情報は、要件管理、プログラム管理、調達、材料コンプライアンス、製品品質などのプロセスの一環としてレビューできます。

Collaborative Innovation