機能

製品プランニングとプログラム管理

製品の遅延ゼロを目指して

1500人のエンジニア、150のサプライヤー、進行中の20のプロジェクトを抱えていることを想像してみてください。 その間に、エンジニア達が年に5000の新しいパーツを導入しています。 ENOVIAの製品プランニングとプログラム管理ソリューションがあれば、非常に複雑なプロセスでも正確に把握することができます。

ENOVIA製品プランニングとプログラム管理で、問題点が明らかになる前に潜在的な問題やリスクを発見する機能を備えた「透明なガバナンス」が実現します。 透明なガバナンスによって、成果物のステータスを理解し、プロジェクトの進捗を管理できます。

製品プランニングとプログラム管理
機能を調べる
グローバル製品開発

グローバル製品開発

プロトタイプとBOMエラーのゼロを目指して

新時代の製造業では、新製品のニュースが瞬く間に世界中の顧客の元に届くことも珍しくありません。 しかし、新製品がすぐに手に入らないと、顧客は即座に別の似たような商品に乗り換えます。 最初に新製品を先進国の市場に出し、次いで途上国の市場に出していたのは過去のことです。 グローバルな発売の成功は、高い投資回収率を実現するためにますます重要になっています。

トレーニング一覧

品質およびコンプライアンス

手戻りゼロを目指して

今日効果的な品質管理には、品質問題が発見された後のプロセス構築が含まれます。 こうした問題は現場や開発、または販売プロセスで発生します。 品質の問題を防ぐ様々なツールに重点を置いたソリューションには、たとえばQuality Functional Deployment (QFD)、Failure Mode and Effect Analysis (FMEA)などがあります。これらの分野やプロセスは、何年もの間、問題防止および品質改善の仕組として使用されてきました。

品質およびコンプライアンス
機能を調べる
IP分類および保護

IP分類および保護

知的財産の確保

企業は、複雑な製品やサービスの開発時、市場投入時に、様々な複雑さに直面します。 優れたアイデアに市場機会はありますが、複数地域ということも考えられます。また複数市場で販売するにはバリエーションも必要となります。 さらに、仕様、部品表、要求、形状、モデルといった、製品の複雑さをとらえたIPが作成されます。最終的に、製品の世界同時立ち上げにむけ、定義、モデル、実行に使用されるプロセスを適切に管理する必要があります。 この知的財産(IP)が企業の市場における競争力を決定します。 そのため、短期的および長期的な成功を収めるためには、例外なく、IPを活用し保護する企業の力が重要となります。

機能を調べる

顧客との戦略的な関係

製品欠陥ゼロを目指して

エクスペリエンス・エコノミーでは、最終的に購入する製品の必要事項や好みのコミュニケーションについて、お客様がよりアクティブな役割を果たすように変わってきています。 この現象によって、結果論としてではなく製品開発プロセスの一部として、お客様の要求事項を管理する能力が必要になっています。 お客様の望む体験を考慮した製品開発へのENOVIAの要求事項主導のシステム・エンジニアリング・アプローチは、製品に携わる関係者すべてが参照することができます。

顧客との戦略的な関係
機能を調べる