DraftSight Professional and Enterprise Pack Features

Learn more about the powerful, time-saving functionalities available in the DraftSight Professional Pack for small and medium size companies, and in the DraftSight Enterprise Pack for large organizations.

DraftSight Professional and DraftSight Enterprise include all of the features in the free* version of DraftSight for Windows plus...

Windows 対応 DraftSight の無償版で提供するすべての機能に加えて以下のサービスをお届けします。

  • Toolbox for DraftSight: スタンダード・ベースのメカニカル・シンボル・ライブラリとメカニカル・アノテーションのアドオン。これにより、標準ハードウェアのインサート、穴の作図、部品表や穴のコールアウトの作成、吹き出しや溶接・サーフェス仕上げのシンボル追加が可能
  • オプション・メニューでの検索: お探しの事項を検索ボックス(オプション・メニュー)に入力すると、オプション・ダイアログ・ボックスに検索パスが表示されます。
  • Quick Group: マウスを右クリックしてEntityGroupsを素早く作成できます。
  • バッチ印刷: コマンドを使って、一連の作図やページ(Sheet)をバッチ処理で印刷できます。バッチ印刷ジョブをBatch Print List (*.bpl) ファイルに保存し、後日使用することが可能です。
    • 注記: ユーザーがバッチ印刷できるのはPageLayouts設定・Print 設定済みのシートだけで、特定のシートのために直接設定されたか、又はその他の図面に保存されたPageLayoutやPrint 設定ファイルに保存されたPrint設定に沿って設定されている必要があります。また、バッチ印刷で使用される個々のPageLayoutsとPrint Configurationにプリンタを指定しなければなりません。
  • 画層プレビュー: 一連の特定の画層や個々の画層の内容を素早くプレビュー。どの画層にどのエンティティがあるかをチェックでき、ダイアログ・ボックスを一時的に閉じて画層をプレビューすることが可能です。
  • PDF アンダーレイ: AttachPDF コマンドでPDF文書のページを図面に添付できます。これにより、参照用として特定のファイルを作成中の図面とリンクさせることができます。
  • 標準準拠の図面: VerifyStandards コマンドにより、作成中の図面が業界標準、社内標準、カスタム基準に準拠しているかどうかをチェックできます。Layers(画層)、LineStyles(線種)、DimensionStyles(寸法スタイル)、TextStylesの名前やプロパティーを、関連する基準ファイルの内容と照合します。ユーザーは、標準外のアイテムを標準準拠のものと取り替えたり、フラグ付けして無視したり、そのままにしておくことができます。VerifyStandardsコマンドを実行する前に、使用されていないオブジェクトをCleanコマンドによって削除することを推奨します。
  • マスプロパティー計算: リージョンのマスプロパティーを計算・表示できます。特定のリージョンの領域、外周、図心が計算され、そのリージョンの座標系(CSS) についての情報(CCSの名前、CCSの原点、 CCSのX軸、Y軸、Z軸の定義)も表示されます。
  • マクロレコーディング: DraftSight API でプログラミングを始める最も素早く簡単な方法は、 DraftSightでインタラクティブに実行される行為に相応するDraftSight APIコールを含むマクロを記録することです。
  • iQuestions の統合: コミュニティ・タブを使ってDraftSight SwYm コミュニティにログインし、iQuestions コーナーで検索や質問ができます。
  • デザイン・ライブリ : DraftSight タスク・ペイン内のデザイン・ライブラリ・タブによって、ユーザーが定義した再利用可能な要素(ブロックなど)を中央に統合。それらの要素は図面ファイルに追加されます。ラインスタイルやレイヤーなどのコンテンツ・ファイルに関連するプロパティーが含まれます。 コンテンツをパレットからタスクペインにドラッグ&ドロップするだけで簡単に利用できます。
  • Drawing Compare: 2つの図面ドキュメントのエンティティを比較。図面の相違点はカラーコードで表示されます。
    • 注記: Drawing Compare は、2つの図面のビットマップをビットレベルで比較します。図面比較の際、視覚的な変化のみ捉えられます。例えば、アノテーションを2mm左にずらすと、 その変化が比較に反映されますが、Description などのカスタムプロパティを変更した場合は、比較に反映されません。
  • DraftSight API  DraftSight API でプログラミングを始める最も素早く簡単な方法は、 DraftSightでインタラクティブに実行される行為に相応するDraftSight APIコールを含むマクロを記録することです。
  • 毎年の製品アップグレード、新リリース、サービスパックの更新  ライセンス有効期間中にご利用可能

ADDITIONAL FEATURES INCLUDED IN DRAFTSIGHT ENTERPRISE:

  • Telephone and email support
  • A network license to help deploy 2D CAD across the entire organization, eliminating headaches related to license management and versioning data incompatibility.
  • Deployment Wizard: Enables groups of users to install or upgrade DraftSight

Internet and activation of the free version of DraftSight for Windows is required to use DraftSight Professional and Enterprise. Download DraftSight now.

For DraftSight Enterprise, a minimum of five licenses is required for purchase. There is no minimum purchase required for DraftSight Professional.

*スタンドアロンライセンス。アクティベーションが必要です。