CATIA Systems Engineering - Dymola

Dymola(Dynamic Modeling Laboratory)は、自動車、航空機、ロボット、加工などの用途で使用する統合された複雑なシステムのモデリングとシミュレーションのための機能をすべて備えたツールです。

主な特長

  • マルチ・エンジニアリング。 多数のエンジニアリング分野に適合するモデル・ライブラリにより、複雑な統合システムを高い忠実度でモデリングすることができます。
  • 直感的モデリング
  • Modelica。 強力なオブジェクト指向言語で、正式に定義されているモデリング言語です。
  • オープン・ライブラリ。 ユーザーは自分のニーズにあわせて、独自の構成部品を構築したり、既存の構成部品を適用することができます。
  • 再使用。 非因果的な方程式指向のモデルにより、構成部品をさまざまなコンテキストで使用したり、モデルをさまざまなスタディに使用することができます。
  • シンボリックな操作。 方程式を代入文やブロック図に変換する必要がなくなります。 シミュレーションの効率と頑強性が向上します。
  • Hardware-in-the-Loopシミュレーション(HILS)。 dSPACEとxPCでのリアルタイム・シミュレーション。
  • Simulinkへのインターフェース
  • アニメーション。 リアルタイム3DアニメーションとCADファイルのインポート。
  • 広範なモデル・ライブラリ

> Dymola製品ファミリーの冊子

 

マルチ・エンジニアリング

 

Dymolaには独自のマルチ・エンジニアリング機能が搭載されているため、さまざまなエンジニアリング領域の構成部品でモデルを構成できます。 これにより、現実を忠実に再現する完全なシステムのモデルを作成できます。

機械、電気、制御、熱、空気、水、動力伝達、熱力学、車両力学、空調といった各種の構成部品が収録された、さまざまなエンジニアリング領域のライブラリが用意されています。

Dymolaのシステム・エンジニアリング機能により、通常の微分方程式や代数方程式で表せるすべての物理構成部品のモデリングやシミュレーションができます。

直感的モデリング

 

Dymolaのグラフィカル・エディターとマルチ・エンジニアリング・ライブラリを利用することでモデリングが簡単になります。 これらのライブラリは物理デバイスに対応する要素を含み、これをドラッグアンドドロップするだけでモデルを構築できます。 構成部品間のインタラクションは接続図で表され、構成部品の物理的結合がモデル化されます。 そのため、物理的なシステムの構成と同様にモデルが直感的に構成されます。

オープンで柔軟

 

Dymola環境は完全にオープンです。これは、固定した一連の構成部品モデルを備え、独自の方法で新しい構成部品を導入する多くのモデリング・ツールとは対照的です。 Dymolaを利用すると独自のニーズに合った構成部品を簡単に導入できます。 この作業は最初から行うこともできますが、既存の構成部品をテンプレートとして使用することもできます。 Dymolaはこのオープンで柔軟性の高い構造により、新規または代替設計や技術のシミュレーションを行う卓越したツールとなっています。 DymolaはModelica®に基づいて設計されています。ModelicaはModelica Associationにより開発された物理モデリング用のオブジェクト指向言語です。

他のソフトウェアとの連携についてはリンク先を参照してください。

シンボリックな操作

 

Dymolaには微分代数方程式(DAE)を解くための独自の非常に優れた機能が搭載されています。 この高いパフォーマンスと頑強性の中心になるのは、制約による代数ループと低減された自由度も処理するシンボリックな操作です。 これらの技術を特殊な数値ソルバと組み合わせると、リアルタイムのHardware-in-the-Loop Simulation(HILS)が可能になります。

コードおよびモデルのエクスポートについてはリンク先を参照してください。