コードおよびモデルのエクスポート

Dymolaではコードとモデルを他のプラットフォームにエクスポートできます。

コードおよびモデルのエクスポート

Dymolaではモデルとモデルのソース・コードをエクスポートできます。 機能が異なる3通りのエクスポート方法があります。 さらに、標準の(エクスポートできない)Dymolaライセンスで開発されたモデルを他のコンピューターでシミュレーションできるように、ランタイム・ライセンスが用意されています。

リアルタイム・シミュレーション

リアルタイム・シミュレーション・オプションを使用すると、Microsoft Cコンパイラーをサポートしていない環境でモデルを使用できます。 このオプションは、Hardware-In-the-Loop(HIL)シミュレーション用にDymolaでサポートされている、dSPACExPCなどのリアルタイム・プラットフォーム専用に設計されています。 以下の制限が適用されます。

  • リアルタイム・シミュレーションでは、インライン・インテグレーションを使ったモデル、すなわち固定ステップ・インテグレータが内蔵されたモデルのエクスポートのみが可能です。
  • リアルタイム・シミュレーションによりエクスポートされたランタイム・ルーチンには、最も高度なライブラリ・ルーチンは含まれません。

バイナリ・モデルのエクスポート

 

バイナリ・モデル・エクスポートのオプションを使用すると、ターゲット・システムにDymolaライセンスがなくても他のコンピューターにモデルをエクスポートできます。 エクスポートされたモデルのシミュレーション機能は、Dymolaライセンスを持つコンピューターの場合と同じです。

ソース・コード生成

 

ソース・コード生成でエクスポートされたコードは、ターゲット・システムにDymolaライセンスがなくてもすべてのプラットフォームで使用できます。 生成されたモデル・コードのコンテンツを変更する場合に使用できる各種のフラグが用意されています。

  • ソース・コード生成では、読み取り可能で適切にドキュメント化されているコードがエクスポートされるため、検査、デバッグ、プロファイリングなどに活用できます。そのため、このエクスポート・オプションはラピッド・プロトタイピングなどの高度なモデル・ベースの用途に適しています。
  • モデルをDymolaまたはSimulinkで変換する場合、ソース・コード生成オプションには、リアルタイム・シミュレーション(インライン・インテグレーションの制約なし)とバイナリ・モデル・エクスポートの機能が含まれます。
  • バイナリ・モデル・エクスポートとソース・コード生成の両オプションで、シンボル・テーブル情報(モデル構造、変数名、タイプ、単位など)をXMLファイルとしてエクスポートできます。

Dymolaランタイム

 

Dymolaランタイム・ライセンスは、エクスポート・オプションを使用できないユーザーが開発したモデルを他のコンピューターで実行できるようにするために導入されました。 Dymolaランタイムは、Dymola Simulatorと、Simulinkインターフェースで開発されたモデルで機能します。