CATIA 3DエクスペリエンスR2016x

製品の機能強化

CATIA Design Portfolioがインダストリアル・デザインに特化した新しいマネキンを提供

リリース2016xではCATIA Design Portfolioに、インダストリアル・デザインに特化した新しいマネキンが加わりました。この新しいアプリケーションCATIA Human Designは、クリエイティブ・デザイナーがデザイン・ワークフローで参照可能な人間中心のアプローチを提供します。これにより、製品のコンセプト・デザインの早い段階で極めて簡単な方法で人体を考慮に入れることが可能になります。例えば、さまざまな体型、プロポーション、外観(肌の色、顔の特徴など)、個性から選ぶことができます。人体の姿勢は、3Dロボットを使って関節を動かすことで容易に変更を加えることができます。

新しい「Structural Package Designer」ロール

Structural Package Designerは、パッケージ製品の着想フェーズから製品開発、コミュニケーション、生産計画までの設計プロセス全体をカバーする新しいロールです。スケッチや折り曲げられた形状のコンセプト・デザインを描き、製品そのものに対し、折り畳んだ状態と展開した状態の詳細なパッケージ構造のビューを作成できます。このデータとレンダリングを合わせて生産計画に送ることができます。

新しい「Design Review Preparation」ロール

Design Review Preparationは、設計の製造準備のための新しいロールです。設計をレビューし、製造部門向けの注釈を付けたり、追加の形状定義を作成することで、3DMaster製品定義の修正を回避します。それにより、開発、展開、製造、管理のライフサイクル全体で一つのモデルおよび一つの代替モデルしか認めないFAA (米連邦航空局)の認証ポリシーに準拠することができます。製造部門には、形状と技術的な3D製品定義全体の読み取り専用アクセスが付与されます。

新しい「Composites Laser Projection Operator」ロール

CATIA 3Dエクスペリエンスに新たなロールが導入されました。Composites Laser Projection Operatorです。このロールは、製造オペレータが製造現場用のレーザー投影ファイルを生成および編集する機能を提供します。これはComposites Manufacturing Preparationロールに完全統合されています。

新しいModelicaライブラリ

リリース2016xでは、複雑なエンジニアリング・システムのモデリング、シミュレーション、検証を迅速に行うための新しいライブラリを提供しています。バーチャル・ツインのコンテキストにおいて、自動運転システムをはじめとするスマート・コネクテッド・オブジェクトの将来性はますます高まっています。本リリースでCATIAは3つの新しいライブラリを提供しています。建物や車の熱的快適性のモデリングと解析のためのHuman Comfort Library、電気自動車やモバイル機器の電気設計と熱設計の連携を支援するBattery Library、火花点火と圧縮点火の両エンジンのモデリングのためのEngine Libraryです。