業界最高レベルのバージョン間の互換性を提供

CATIA V6/V5 間の互換性により、混合チームのコラボレーションがパワーアップ

ダッソー・システムズでは、お客様のCATIA V5からV6への移行のサポートを優先課題の一つとしています。V6へのアップグレードを希望しているがまだV5を使用中の社内外のチームと協業する必要があるというお客様が大勢いらっしゃいます。こうしたニーズに対応すべく、V6R2012Xでは、CATIA V5/V6間の互換性を驚くほど高め、協業する混合チームのフィーチャーレベルでのコラボレーションを可能にしました。CATIA バージョン 6への移行がこれまでより簡単にできます。

投資保護

ダッソー・システムズでは、お客様のCATIA V5 への投資を保護しつつ、オープン性の高いCATIA V6 をお客様のペースで簡単にご活用いただくことに力を入れています。V5を使用中の社内の部課、カスタマー、サプライヤーと引き続きシームレスに協業しながら、CATIA V6 に移行することが無理なくできるようになりました。

フィーチャーレベルでの互換性

CATIAバージョン6 で作成された3D モデルを、コア・フィーチャーを維持したままV5へ転送することが可能になりました。フィーチャーはV5で直接変更することができます。エンジニアの皆様がお使いのCATIAのバージョン(V5/V6)にかかわらずフィーチャー・レベルでパーツを自由に作成・修正でき、設計を反復的に展開させることができます。アセンブリ構造や位置マトリクスのほか、3Dパラメトリック・ジオメトリ作成に関連するパート・デザイン、ジェネレーティブ・サーフェス・デザイン、スケッチャーなどのすべてのフィーチャーが保存されます。

バージョン6 のテクノロジー

この機能強化により、CATIA V5 で作成された3Dモデルと V6 で作成された3Dモデルの間の互換性が高まりました。そのレベルはV5の異なる2つのリリース間の互換性を凌ぐものです。常にお客様のサポートに力を入れているダッソー・システムズでは、バージョン6の進歩のいくつかをV5に統合させることによりこれを実現しました。混合チーム間のコラボレーションの新しい可能性をご享受ください。

CATIA V6/V5のシンクロナイゼーション

V6環境で作成されたモデルをV5環境で修正する機能は、 V6R2012x および近日発売予定のV5リリース、V5-6R2012にて実現されます。この新しいネーミングは、V5/V6間の互換性とシンクロナイゼーションだけでなく、V6のテクノロジーを取り入れたV5ソリューションのさらなる充実を象徴したものでもあります。