CATIA V5-6R2014 はさらに優れた“デザイン・エクセレンス”を提供します

 

CATIA 製品シリーズ

CATIA イマジン&シェイプ2 (IMA)
工業デザインおよび概念設計において美しいシェイプを作成することを目的とし、従来のサーフェス・モデリング方式を超えたまったく新しい概念を提供
Product Overview
Product Highlights
Product Key Customer Benefits

Product Overview

CATIA イマジン&シェイプ 2 (IMA) は、工業デザインおよび概念設計において美しいシェイプを作成することを目的とし、従来のサーフェス・モデリング方式を超えたまったく新しい概念を提供します。仮想ラピッド・プロトタイピングおよびアイデアの表現やシミュレーションなど、サーフェスを迅速に作成する必要のあるすべての分野でこの製品を使用できます。IMA は、サーフェスのサブディビジョンに基づく強力なテクノロジーと使いやすさを組み合わせており、サーフェスの専門家以外のユーザーも CAD システムを使用して容易に設計できるようになります。IMA は、V5 の情緒コンテンツのエンジニアリングに活用できるように創られています。つまり、「アイデアから 3D」が実現され、すべてが素早く容易になります。
SMARTEAM R16 dmu 1400 (V5R16) Click to enlargesha514 ima 1280 (V5R14) Click to enlarge

Product Highlights

  • 製品の情緒コンテンツのエンジニアリング
  • より自由な形での代替設計の探求が可能になり、物理モックアップ数が削減される
  • スタイリングから製造まで 1 つのソリューション
  • スタイリングを PLM の中心とする

Product Key Customer Benefits

CATIA V5 内の製品の情緒コンテンツのエンジニアリング
社会文化の傾向、経済の利害関係、および製造での制約を考慮して、オブジェクトの変更、オブジェクトのスタイルおよびパフォーマンスの改善、新規シェイプの作成、新機能の統合だけでなく今後の製品を創造します。これらは、工業デザイン分野での課題です。
IMA はこの広範囲で複雑な領域に、ユーザーがシェイプのアイデアを 3D イグザクト形状モデルに迅速かつ容易に変換できるようにすることにより、製品の設計に革新的な方法をもたらします。スケッチまたはプロトタイプを必要とせずに、CATIA V5 で直接行うことができます。CAD マーケットでは固有のこの新しい方式は、製品の情緒コンテンツのエンジニアリングを活用し、創造性を育みます。
CATIA V5 の製品の革新を支える固有のテクノロジー
サーフェスのサブディビジョン: IMA はエンターテイメント産業ですでに広く使用されているが、CAD システムでは初めて適用されたテクノロジー(サーフェスのサブディビジョン)を利用することにより、伝統的なサーフェス・モデリングの方式を打破します。
  • このテクノロジーにより、ユーザーがメッシュを使用してシェイプを定義したり、制御したりできるようになります。ユーザーはこのメッシュを使用することにより、シェイプをローカルにまたはグローバルに容易に変形できます。
  • 作成されるサーフェス(オープンまたはクローズのいずれでもかまわない)は正確であり、シャープ・エッジをサポートし、サーフェス間の結合は G2 です。さらに、このテクノロジーにより、すべての CATIA V5 アプリケーションに準拠したサーフェスが作成可能になります。
  • このテクノロジーはまた、非常に軽量なデータ管理を意味し、分かりやすい構築方式でもあります。
専用の曲線モデラーによるサポート
IMAではサーフェスのサブディビジョンをサポートするため、美的なアプローチに基づく強力な曲線モデラーが採用されています。この新しいモデラーにより、自然で直観的な方法で複雑な曲線を作成したり、制御したりできます。この曲線は、モデル内に帰納的に作成できます。サーフェスのサブディビジョンは、曲線で制御することによりグローバル変形が可能です。曲線間の内部結合は G3 です。
新しいユーザー・インターフェースの使用
IMA が提供する新しい効率的なユーザー・インターフェースにより、熟練したユーザーは作業効率を高め、新規ユーザーは学習速度を加速できます。
CATIA イマジン&シェイプ 2 (IMA) を使用すると、以下のことができます。
  • アイデアから、高品質のサーフェス・シェイプを直接作成する。
  • 曲線によりサーフェスを駆動/改良する。
  • スタイリングへの容易なアクセスを可能にする。
より自由な形での代替設計の探求と、物理モックアップ数の削減
設計者の観点からすると、物理モックアップは、さまざまな設計のシェイプを検討し、承認を得るために作成するものです。モックアップの作成は膨大な作業を伴うため、レビューのために設計者が作成できる設計の数には限りがあります。IMA を CATIA レンダリング製品 (動的レビューには RTR、リアルなピクチャーには PHS)と共に使用すると、数多くの異なる設計のデジタル・シェイプを極めて迅速に作成し、さまざまなオプションを検討し、適切なシェイプを評価してから、モックアップの作成を決定できます。
IMA を使用すると、以下のことができます。
  • 多くのスタイリングのアイデアを迅速に探求する。
  • 関係するものだけを選択することにより、物理モックアップの数を削減する。
  • 革新的な製品の作成を容易にする。
全く最初から作成するか、ユーザーの知識を活用
IMA を使用すると、全く新規に、またはスケッチから新しいアイデアのシェイプの作成を開始して、詳細設計フェーズに直接続行したり、CATIA フリースタイル・シェイパー 2 (FSS) や CATIA ジェネレーティブ・シェイプ・デザイン 2 (GSD) などの他の V5 アプリケーションでシェイプを作成する前に改良したりできます。別の分野では、IMA により、V5 ナレッジウェア機能を使用してテンプレートを迅速に作成する機能からも効果が得られます。例えば、シェイプ作成済みの製品から始めて、パーツのファミリーを定義できます。
IMA を V5 スタイリングおよびナレッジウェア・ポートフォリオと共に使用すると、次のことが可能になります。
  • 完全で柔軟性ある V5 スタイリング・ソリューションから効果を得る。
  • ユーザーの知識資産を活用して、新規製品開発を加速する。
スタイリングから製造まで 1 つのソリューション
IMA は V5 製品として、スタイル・サーフェス・エンジニアリングから製造までの、他のすべての V5 アプリケーションと固有に統合されます。統合とは、次のことを意味します:まず、必要な変更作業ループ時に、スタイリングとエンジニアリング設計部門との間でデータ変換が不要になります。次に、固有な統合によって、スタイリングと下流のすべての V5 アプリケーションとの間のすべての関連性がサポートされます。このことは、スタイリングの変更を迅速に伝播できることを意味します。
IMA を V5 ポートフォリオと共に使用すると、次のことが可能になります。
  • 異なるチーム間、特にデザイナーとエンジニアの間のコラボレーションを活用する。
  • 高品質のスタイル定義について、より早期に、迅速にかつ頻繁に反復することにより、設計プロセスの早期ステージを加速する。
  • スタイルの変更をエンジニアリング・チームに素早く適切に伝播させる。つまり、置換や変更を行っても再実行しなくて済みます。
スタイリングを PLM の中心とする
IMA のお客様は当然のこととして、ENOVIA V5 および SMARTEAM を含むダッソー・システムズから提供される PLM の全ソリューションを使用してデータおよびプロダクトのライフサイクルを管理できます。この固有の組み合わせにより、コラボレーション作業でのコンカレント・エンジニアリングおよび変更管理などの高度な PLM プラクティスを利用しやすくなります。