販売担当に連絡

モデルベース定義

ビジネスに正確性を

モデルベース定義のアプローチは、製品定義が100%含まれた単一リファレンスをすべて3Dデータで提供します。これは、完全に正確で注釈付きの形状定義を含む、すべての製品情報の単一ソースとして機能します。 

メリット

  • 既存の3Dデータと2Dデータの参照と再利用を簡易化 
  • 既存の2Dレイアウトを使用して、新しい概念を3Dですばやく生成
  • 3Dデータを直接使用して、すばやく作業を行い、部品を正確に定義し、公差と注釈を追加 
  • あらゆるユーザーがいつでもどこからでも製品定義全体を利用でき、複数専門分野にまたがるリアルタイムのコンカレント設計とレビューをサポート 
  • 製造とその他の下流工程で、ダイレクトな統合と3D製品定義全体へのアクセスを活用
  • 下流のユーザーは、独自の特別なビューを作成し、正確なデータを使って意思決定を向上
  • オンデマンドの見取図作成機能を使って、バリューチェーン全体を対象としたドキュメントを簡単に作成

ロール

  • オンクラウド
  • オンプレミス
  • 全て
  • 3DMaster Conceptual Designer

    オンクラウド オンプレミス
    リアルタイムのコラボレーション・プラットフォームを利用した革新的なソリューションを探索し、実現します
    ロールを確認
  • 3DMaster Designer

    オンクラウド オンプレミス
    すべての定義を3Dモデルで行うことで、3D設計と2Dの公差および注記情報の間の一貫性が確保されます
    ロールを確認