システムの安全解析

複雑なシステムの機能安全のモデリングと解析
システムの機能安全解析は、全てのインダストリーにおいて適用可能です。そして、安全関連のシステムは、機器の必須システム機能安全を達成するために必要とされるリスク軽減を提供することができます。現在、組織は機能安全基準に対するコンプライアンスを行わなければなりません。これは、自動車インダストリーではISO 26262「道路車両の機能安全」、そして他のインダストリーではIEC EN 61508「電気・電子・プログラマブル電子安全関連システムの機能安全」を遵守することを意味します。
ダッソー・システムズの提案するシステムの機能安全解析ソリューションは、安全アクティビティの向上と製品・システムの設計段階における早期統合を目的とした、完成されたシステム・エンジニアリング・ソリューションです。このソリューションは、安全技術者が、システム挙動のファンクショナル・モード(設計関連)とディスファンクショナル・モード(安全面)の両方を表現する一般のシステム参照モデルを定義、そして解析できるようにする設計ツールを含みます。また、システム独自の見解に基づく安全評価プロセスを提供します。

重要な利点

  • システムの安全要件を形式化し、形式システムの機能安全モデルを構築、またシュミレーションを行うことによる各開発プロセスの安全要件評価の実行
  • 認証機関への遵守を目的とし、特定のシステムに関する安全目標達成を実証するシステムの機能安全解析調査の実行
  • 各構成要素のシステム・アーキテクチャとファンクショナル/ディスファンクショナル挙動を定義するリッチで強力なモデリング環境
  • 安全目標達成を実証するための自動生成ディペンダビリティ・モデル(フォールト・ツリー、事象シーケンス、システム欠陥モードと影響解析、共通原因解析)
  • システム挙動のグラフィカル・シュミレーション
  • フォールト挿入によるアーキテクチャ・ロバスト性の検証
  • 構成要素ライブラリーの再利用によるシステム知識の利用