Modelica システム・シミュレーション

数多くの様々なモデルを使って複雑なシステムや製品の挙動をシミュレーションすることは、今日では一般的な手法となりました。しかし、こうしたモデルには相互運用性がないことが多く、「システム全体の連成シミュレーション」を可能とする統合環境には統合されていないという難点があります。ダッソー・システムズのソリューションでは、挙動シミュレーションのためのオープンなModelica言語を活用した完全統合型システム・モデリングをご提供します。

モデルベースのシミュレーションで新製品を最適化

Modelica Systems Engineering

組込システムの数と複雑性が増し続けるなか、個々のシステムや他のシステムとの相互作用の効果的なモデリングとシミュレーションは益々重要性を帯びています。 システム・エンジニアリング は、製品開発プロセスにおける検討・検証段階になってから予期せぬシステム相互作用を発見するといった事態を避けるために欠かせません。

 

 

ダッソー・システムズの Dymola および CATIA V6 Dynamic Behavior Modeling ソリューションは、複合領域における動的システム のモデリング向けに開発されました。オブジェクト指向の言語であるModelica をベースとするこれらのソリューションは、複雑な複合領域システムのモデリングに付随する問題(機械、電気、電子、油圧、熱、制御、電力、プロセス指向の 独特な要素などの組み合わせを含むシステム)を上手に解決してくれます。

ソリューションを活用して、異なるエンジニア領域の要素を単一のシステム・モデルのなかで組み合わせることができます。システム・モ デルは個々のライブラリーの要素を「キャンバス」上で繋ぎ合わせることによって作成され、実際の「プラント」をリアルに表現します。Modelica標準 ライブラリーの一部としてご提供するオープンソース・コンポーネントのライブラリーには、様々なエンジニア領域の1,000以上のコンポーネントが含まれ ています。完成後、C言語をエクスポートして、Simulink などの他のシミュレーション環境やHIL(Hardware-in-the-Loop)のテスト環境で使用することもできます。また、(最近のITEA2 Modelisar プロジェクトによって定義された)新しいファンクショナル・モックアップ・インターフェースを使って、Modelicaベースのツールおよび Modelicaをベースとしないツールを含む様々なシミュレーション環境で作成されたモデルを統合したり協調シミュレーションをすることもできます。