3D Office Player

3D Office Player を活用して、バーチャル製品を取り巻くライフライク・エクスペリエンスを、社内インフラ全体で共有してみませんか。製品 / コンテキスト / シナリオのアプローチを念頭に置いて開発された3D Office Player には、直感的なユーザー・インターフェースと使いやすいナビゲーション・シナリオが搭載され、Microsoft Office PowerPoint、Word、Excel、Internet Explorer などのアプリケーションに組み込むこともできます。

インタラクティブ性のある3Dエクスペリエンスを簡単に共有

3Dモデルにライフライクなインタラクティブ性を与えましょう

3DVIA Virtools に搭載されている3D Content Capture Tools で、開発者の皆様は3Dのモデルに簡単にインタラクティブ性を与えることができます。3D XMLVirtools Plugin により、PLMのユーザーの皆様がご自分のCADモデルを3DVIA Virtools プラットフォームで再利用し、インタラクティブな3Dプロダクト・エクスペリエンスを3D Office Player で配信することが可能です。

3D Office Player は、すぐに習得できてユーザー・インタラクションも簡単にできる、直感的な使いやすいカスタムGUIをベースとしています。読み込まれたファイルにシナリオがない場合(カメラ、マウス)、初期設定により、直感的なナビゲーション&マニピュレーション・システムを使うことができます。左のタブシート(PCS ribbon)は、サムネイル画面をダブルクリックすることにより、読み込まれた3dxml ファイルで定義された製品、コンテキスト、シナリオを切り替えることを可能にします。

3Dエクスペリエンスを社内で共有

3D Office Player は、開発者の皆様がインタラクティブ性のあるリッチなプレゼンテーションを社内全体で簡単に共有できるよう考案されたものです。

3D Office Player は、 PowerPoint、 Word,、Excel、などの Microsoft Office のアプリケーションに統合させることもできます。3Dエクスペリエンスを、画像(必要に応じて高解像度の画像も可能)とビデオの両方にエクスポートできるため、保存と共有が簡単です。


データシート(英語)をダウンロード