Simulation-based Design

Engineer Compute

Engineer Computeは、使用頻度の低いユーザーに対して、従来のHPCライセンス・モデルでは一般的だった高額な初期コストを払うことなくてもHPCにアクセスできる柔軟なライセンス・モデルを提供します。このソルバー・ソフトウェアのコストは、解析手順の複雑さ、モデル・サイズ、ターンアラウンド時間の加速などに関連する機能を含む価値メトリックの組み合わせに基づいています。これらのメトリックは、シミュレーションの実行に必要なITリソースでのソフトウェア・コストの依存を低減します。SaaSモデルは、シミュレーションに使用する計算ソフトウェアおよびDSクラウドITリソースをどちらも有効にするように設計されており、ソフトウェアとITを別々に購入する必要がなくなります。

デモの依頼はこちら

本製品について

Engineer Compute provides occasional users with a flexible licensing model that provides access to HPC without the large upfront cost associated with traditional HPC license models. The solver software cost is based on a set of value metrics including features associated with the sophistication of the analysis procedure, model size and accelerated turn-around time. These metrics reduce the dependence of the software cost on the IT resources required to run the simulation. The SaaS model is designed to enable both the computational software and DS cloud IT resources used for simulation eliminating the need to purchase software and IT separately.

Engineer Compute
販売担当に連絡