モデルベース定義

ビジネスに正確性を

モデルベース定義は、実績と自然な移り変わりを反映したもので、適切な情報をいつでもどこでも入手できるようになります。これにより、製品の品質が向上するとともに、最大90%のコスト削減が可能になります。このアプローチは、すべての関係者とって、あらゆる製造指示書や作業指示書、すべての下流プロセスの単一の情報源となります。また、規制や標準の順守を目的とした、追跡可能な単一の情報源にもなります。2D図面は、引き続き作成したり使用したりできますが、これらは参照するものではなく、コミュニケーション媒体になります。常に最新の状態には保たれます。

概念作成フェーズでは、既存の3Dデータと2Dデータを簡単に参照したり再使用できます。既存の2Dレイアウトを使用して、新しい概念を3Dですばやく生成できます。
詳細設計フェーズでは、3Dデータを直接使用して、すばやく作業を行い、部品を正確に定義し、公差と注釈を追加できます。「Tolerancing Advisor」は、作業が簡単に進むように、部品とアセンブリーの状態に対応するソリューションを確認して提案します。公差スキーマは、ファミリーや類似部品にすばやく適用できます。レビュー・フェーズでは、あらゆるユーザーがいつでもどこからでも製品定義全体を利用でき、複数専門分野にまたがるリアルタイムのコンカレント設計とレビューがサポートされます。これにより、エラーを早期に特定して対処することができます。

製造とその他の下流工程では、ダイレクトな統合と3D製品定義全体へのアクセスを活用できます。下流ユーザーは、独自の特別なビューを作成し、正確なデータを使って意思決定の向上を図ることができます。また、製造と設置をサポートするため、オンデマンドの見取図作成機能を使って、バリューチェーン全体を対象としたドキュメントを簡単に作成できます。

メリット

  • 既存の3Dデータと2Dデータの参照と再利用を簡易化 
  • 既存の2Dレイアウトを使用して、新しい概念を3Dですばやく生成
  • 3Dデータを直接使用して、すばやく作業を行い、部品を正確に定義し、公差と注釈を追加 
  • あらゆるユーザーがいつでもどこからでも製品定義全体を利用でき、複数専門分野にまたがるリアルタイムのコンカレント設計とレビューをサポート 
  • 製造とその他の下流工程で、ダイレクトな統合と3D製品定義全体へのアクセスを活用
  • 下流のユーザーは、独自の特別なビューを作成し、正確なデータを使って意思決定を向上
  • オンデマンドの見取図作成機能を使って、バリューチェーン全体を対象としたドキュメントを簡単に作成

ロールとオプション

  • 3DMaster Conceptual Designer

    リアルタイムのコラボレーション・プラットフォームを利用した革新的なソリューションを探索し、実現します

    詳細
  • 3DMaster Designer

    すべての定義を3Dモデルで行うことで、3D設計と2Dの公差および注記情報の間の一貫性が確保されます

    詳細