Jul 18 2006

トヨタ自動車、マイクロソフトの64ビット版Windows XP上でパワーアップしたCATIA V5を活用

マイクロソフトのプラットフォーム上でダッソー・システムズのソリューション群を活用することで、製品開発をさらに効率化、革新的な新製品をより効果的に提供

東京 — 2006年7月18日 — マイクロソフト及びダッソー・システムズ (Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は、本日、東京にて開催の2006JCFにて、トヨタ自動車株式会社 (以下、トヨタ自動車) がMicrosoft® Windows® XP Professional x64 Edition対応のCATIA V5(ダッソー・システムズのバーチャル製品設計PLMソリューション)を採用したことを発表しました。

 

トヨタ自動車がマイクロソフトプラットフォーム対応のCATIA V5を採用したことは、ダッソー・システムズ、マイクロソフト間の戦略的グローバル・アライアンス が、顧客企業に対し有益な価値を提供することを実証するものです。2004年11月に発表された両社の提携により、ダッソー・システムズのV5 PLM および3Dコラボレーティブ・ソリューションとWindowsクライアントおよびWindows Server™ プラットフォーム間の連携がより強固になったことで、さらにコスト効率が向上し、導入・メンテナンスが容易になり、顧客企業に対しよりフレキシブルなソリューションを提供可能になりました。 全てのV5 PLM製品群においてWindowsを活用でき、64ビット環境で従来よりはるかに優れたパフォーマンスが実現されます。


トヨタ自動車株式会社 情報システム部門担当 常務役員 天野吉和氏は次のように述べています。「ダッソー・システムズとマイクロソフトの協力関係が、64ビットCATIAV5の重要な成功要因です。 PLM業界のリーダーとコンピューター技術のリーダーが協力することで大規模アセンブリの設計やレビューに必要なメモリ・キャパシティを拡張したソリューションがトヨタ自動車に提供され、最終的にイノベーティブな製品を効率よく、コスト効率の良いかたちで市場に投入することができます。」


トヨタ自動車においては、設計・生産プロセス中、詳細かつ複雑な製品設計を支える膨大なデータを必要とし、また大容量の製品モデル・データの正確で迅速な作成およびレビューを必要としています。 本年5月 トヨタ自動車の技術・生技部門に64ビットCATIA V5R16が初めて導入されました。今後は順次展開を拡大する予定です。64ビット環境の結果として大容量データのアッセンブリーデータを扱うことが可能になりました。 さらに、ダッソーシステムズとマイクロソフトの提携により、32ビットVBAマクロが問題なく64ビット環境でも稼働することが保証される仕組みが提供され、いままでの資産を有効に利用できるようになりました。

 

Windows XP 64ビット版対応CATIA V5は、以下のようなメリットを提供します。

  • 製品開発の効率化: 32ビット上で大規模なアセンブリ・データを扱う際に生じていたデータ処理が不要になり、完全なアセンブリ・データ全体の読み込みが可能。非常に大規模なアセンブリ・データについてはジェネレーティブ・アップデートにより、リレーショナル設計のような最新の設計手法適用が可能。
  • 製品品質の向上: より複雑で広範な解析が可能になり、従来はコンポーネント毎に数回必要だったシミュレーションが完全な製品データのまま行うことが可能。より大規模なモックアップ のデータ表示および複雑なシミュレーションが可能。
  • 市場投入までの期間短縮: 製品設計およびシミュレーションについてのプロセスを加速することにより、設計データの作成および変更、シミュレーション算出にかかる時間を短縮。

 

マイクロソフトのCorporate Vice president、Developer & Platform Evangelism Group 担当のSanjay Parthasarathyは次のように述べています。「マイクロソフトとダッソー・システムズとの協力について、また、それにより実現した64ビットの算出技術がトヨタ自動車様のようなグローバル企業にご活用いただけることについて大変嬉しく思います。このたびの発表で、マイクロソフトのプラットフォーム技術とダッソー・システムズのPLMソリューションの連携により、製造業のバリュー・チェーン全体においてプロダクト・ライフサイクル・マネジメントにおける最新のアプリケーションをさらにご利用いただけやすくなることがご理解いただけると思います。」

 

ダッソー・システムズのExecutive Vice President, Sales and DistributionであるEtienne Droitは次のように述べています。「一般的にはWindows XP 64ビット対応CATIA V5をご利用いただくことでより大規模なモック・アップ・データを活用でき、バーチャルな段階で製品のビヘイビアに関する決定がしやすくなります。また、これにより大幅な品質向上とともにコスト低減も実現します。生産性向上の必要性とともに増大しつつあるデータ容量に対応するために、大幅なメモリの増強はお客様企業にとって重要です。Windows XP 64ビット 対応のCATIA V5をご活用いただくことにより、ギガバイトレベルのデータを容易に迅速に処理することができるようになります」