Apr 14 2005

マイクロソフトとダッソー・システムズ、XMLフォーマットに関して提携

3D XMLがマイクロソフトのXAMLフォーマットをサポートおよび拡張

米国ワシントン州レドモンドおよび仏パリで2005年4月14日に発表されたプレスリリースの日本語訳

 

Microsoft Corp.(以下、マイクロソフト)とDassault Systèmes(Nasdaq: DASTY、Euronext Paris: #13065, DSY.PA 以下、ダッソー・システムズ)は2005年4月14日、両社の戦略的提携およびお客様に価値を提供するというコミットメントの一環として、マイクロソフト社のXAML (Extensible Application Markup Language) フォーマットをダッソー・システムズの3D XML (Extensible Markup Language) フォーマット内でサポートすることを発表しました。XAMLはMicrosoft® Windows®オペレーティング・システムの次世代プレゼンテーション・サブシステム(コード名「Avalon」)に使用されるフォーマットです。

 

「Avalon」はアプリケーション構築基盤と高い信頼性を提供し、ユーザー・インターフェース、ドキュメント、そしてメディア・コンテンツを融合、コンピューターの性能をフルに引き出します。「Avalon」による宣言型のマークアップ言語であるXAMLのプログラミングをネイティブサポートするため、Windows対応アプリケーションの構築、カスタマイズ、拡張が一段と容易になります。


 
3D XMLは、精度の高い生の3Dデータを素早く、簡単に軽量データとして取り扱い、共有することが可能なユニバーサルなXMLベースのフォーマットです。ダッソー・システムズはCATIA、DELMIA、ENOVIA、SMARTEAM、SolidWorks、そしてSpatialの全製品ラインにこの3D XMLフォーマットを採用する予定です。

 

3D XMLとXAMLに互換性を持たせることで、これまでに類の無いオープンな環境で3Dオブジェクトをビューイング、変更、そしてカスタマイズすることが出来るようになり、またXAMLベースのどのアプリケーション上でもこうした3Dの活用を体験することができます。

 

マイクロソフトのDeveloper and Platform Evangelism Group、corporate vice presidentであるSanjay Parthasarathy氏は、「マイクロソフトはXMLがすべてのデジタル技術を変革すると見ている。ダッソー・システムズとの深いつながりを生かし、XMLを活用して次世代の3Dコラボレーションおよびビジュアライゼーション・ツールの導入などを進めていく」と述べています。

 

ダッソー・システムズのexecutive vice president of Strategy, Research and DevelopmentであるDominique Florackは、「マイクロソフトとダッソー・システムズの提携は、オープン性、革新性、そして卓越したテクノロジーにコミットする姿勢を業界に対して明確に打ち出したものだ。3D XMLとXAMLの互換性の確保を約束するマイクロソフトとの協業は、XMLを通じたオープン化戦略の重要な一環であり、マイクロソフトのプラットフォームの利点を3Dソリューションに生かすとともに、ユーザー体験を豊かにするアプリケーションの提供を目標としている」と述べています。