ENOVIA Materials Compliance Central活用により
新車開発における法規制及び使用物質のコンプライアンス管理を簡素化
"/> ENOVIA Materials Compliance Central活用により
新車開発における法規制及び使用物質のコンプライアンス管理を簡素化
"/>
Mar 17 2009

Great Wall Motor、ダッソー・システムズのPLMソリューションを採用し新時代のエコ設計を推進

ENOVIA Materials Compliance Central活用により
新車開発における法規制及び使用物質のコンプライアンス管理を簡素化

中国北京発2009年3月17日付発表のプレスリリース参考日本語訳


3DとPLM(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)ソリューションにおけるワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(本社:仏ベリジー、Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、商業用ピックアップトラック及びSUV(スポーツ用多目的車)の中国最大メーカーであるGreat Wall Motor Company Limited (以下、GWM)が、エコ設計を推進する全社的なコンプライアンス・プラットフォーム構築に向けて、ダッソー・システムズの「ENOVIA Materials Compliance Central™」を採用したことを発表しました。中国におけるダッソー・システムズのパートナーであるD&A Technology (Shanghai) Co., Ltd.と協力し導入される本ソリューションは、環境コンプライアンスが基本的な要件となる新しい時代において、GWMの競争優位性を大幅に向上し、同社のグローバルなプレゼンスを高める重要な戦略を推進します。

ENOVIA V6のプラットフォームを基盤とするENOVIA Materials Compliance Centralは、設計から廃棄に至るまでの製品ライフサイクル全体を通じて、企業が積極的な環境コンプライアンス戦略を展開できるように開発されたビジネス・プロセス・アプリケーションです。本アプリケーションは、GWMをはじめとする自動車会社が使用物質を検証するためのソリューションを提供します。ENOVIA Materials Compliance Centralは強力な検索機能や分析機能を備え、製品ライフサイクル全体で使用する材料が、関連地域やグローバルにおける法規制を満たしているかを検証します。これにより企業は、部品レベルでの原材料の検証レポートや構成データの収集、分類、生成をより容易にできるようになります。

企業の社会的責任(CSR)に対する意識の高まりや、厳格化する使用物質の規制に関するコンプライアンスへの取り組みにより、各国で「グリーン(環境に配慮すること)」が製造業の一つのトレンドとなりました。GWMでは、社会的責任やエコ設計を同社のミッションにおける重要な要素としてとらえています。

Great Wall MotorのR&D Center of Great Wall Motor CompanyでDeputy Presidentを務めるLi ShuLi氏は次のように述べています。「当社は海外への事業拡大を目指しており、当社製品が国際的に重要な原材料のコンプライアンスや環境規制をしっかりと遵守することは、長期的な事業の成功とグリーン化構想への責任を果たす上で不可欠です。ダッソー・システムズのENOVIA Materials Compliance Central導入は当社にとって重要な投資であり、これにより当社の製品開発に関わる膨大な部品および多数のサプライヤーに必要なすべての報告ならびに分析要件を積極的に管理することが可能になります。」

ダッソー・システムズのGreater China Value ChannelのVice PresidentであるZhao Hengは、次のように述べています。「我々はGreat Wall Motorの最も戦略的で長期的なビジネス構想の一つであるエコ設計の実現に向けて、提携関係を拡大できることを大変喜ばしく思います。取り組みを進める中で、複雑な国際的な法規制コンプライアンスに効果的に対応できることは、イノベーションや新製品開発をタイムリーに進めていく上で最も重要なことであると確信しています。GWMにENOVIA Materials Compliance Centralをご採用いただいたことは、当社のコンプライアンス ソリューションが国際的に自動車やハイテク業界を含む重要な各バーティカル・マーケットを横断し好評価を得ていることを示しています。」

###