May 07 2013

アイシン精機の機能安全規格ISO26262ソフトウェア開発プロセスの認証取得にダッソー・システムズが貢献

ダッソー・システムズの要件管理ソリューションReqtify、
既存システムとの連携により、国際規格への対応をスピードアップ

3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、アイシン精機株式会社(以下、アイシン精機様)が国際認証ISO26262ソフトウェア開発プロセスの取得にあたり、ダッソー・システムズの要件管理ソリューション Reqtify を採用したことを発表しました。

2011年11月に正式発効されたISO26262は、自動車向けの機能安全規格です。自動車のエレクトロニクス化が急速に進み、開発工程にソフトウェアが占める比重も激増しており、欧州をはじめ日本の自動車業界でも同規格への対応が本格化しています。世界有数の売上規模を誇る総合部品メーカーであるアイシン精機様でも、同規格への対応が急務となっていました。

アイシン精機様はこれまで、社内の文書管理用途に独自開発のシステムを活用されてきました。ISO26262ソフトウェア開発プロセスの認証取得を目指すにあたっては、現在の同社の設計フローを変えることなく既存のシステムと共存できる、フレキシブルな要件管理ソリューションが求められていました。これらのニーズを満たすべく、複数のソリューションを検討した結果、優れた連携機能により迅速な実装が可能で、かつ既存資産の価値を最大限に活用できるReqtifyを選定いただきました。これによってアイシン精機様は、トレーサビリティを確保したソフトウェア開発プロセスを整え、全社の機能安全に向けた体制も短期に構築されました。

ダッソー・システムズ株式会社の代表取締役社長 鍛治屋 清二は次のように述べています。「持続的な成長を目指すという点で、当社とアイシン精機様との間には共通するものがあります。当社の自動車業界向け要件管理ソリューションReqtifyが、アイシン精機様の今後のビジネスの発展と新しい価値の創造に貢献することを願ってやみません」