Jan 24 2008

ダッソー・システムズ、新バージョンV6プラットフォームで実現するPLM 2.0を発表

V6で「PLM Online for All」の価値を提供

仏シュレーヌ発2008年1月24日付発表のプレスリリース参考日本語訳

3DとPLM(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)ソリューションにおけるワールド・リーダーであるダッソー・システムズ (本社:仏パリ、Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は、「PLM 2.0」およびその新たなプラットフォームとなる「V6(バージョン6)」を発表しました。“PLM online for all(あらゆる人がオンラインで利用できるPLM)”となるPLM 2.0は、だれもが製品をバーチャルに体験できる3Dオンライン環境で、これによりすべてのユーザーからのインタラクションによる知的資産を創出します。V6 は、PLM 2.0を実現するダッソー・システムズの次世代プラットフォームです。

ダッソー・システムズの社長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレスは、次のように述べています。「PLM 2.0は、Webの世界においてWeb 2.0がもつのと同じ意味合いをPLMの世界にもたらすもので、オンライン・コミュニティの集合した知能(collective intelligence)を活用します。3Dというユニバーサル言語により、だれもが製品を想像、共有、体験できるようになります。PLM 2.0は、アイデアを製品体験へ、また実生活へと繋げることで、ナレッジ(知的資産)をもたらします。また、あたかも実体験のように感じるライフ・エクスペリエンスでは現実世界とバーチャルの世界が融合します。V6では、ネットワークでつながるPLMソリューション群を通じ知的資産をすぐに活用できるようになり、だれもが実際にバーチャルに製品を試用できる環境を実現します。」

SchulerのPLM managerであるWalter Knoblauch氏は、次のように述べています。「オンライン・コラボレーションとコンテンツ・オーサリングは、我々のビジネスに欠かせません。現在のグローバルなビジネス環境では、世界24時間体制で機能することが求められています。V6では、簡単なWeb接続で人々がリアルタイムで同時に協調して業務に取り組めるようになります。そして3Dインターフェース、ユーザー・エクスペリエンス機能を使い、設計者、サプライチェーン、エンドユーザーなどのだれもがプロダクト・ライフサイクルに容易に参画できるようになります。これにより、我々は従来以上にお客様のニーズにあったイノベーションを迅速かつ効率的に実現することができます。」

ダッソー・システムズのProduct - R&D担当Senior Executive Vice PresidentであるDominique Florackは、次のように説明しています。「V6は、あらゆるPLMビジネスプロセスのための単一のPLM 統合プラットフォームであり、だれもがどこでも利用することができ、エンジニアグループからビジネスユーザー、一般消費者までをつなぐものです。さらにV6は、ベースに組み込まれたMatrixOneテクノロジーにより、データソースがどこにあるかにかかわらず、あらゆる知的資産へインテリジェント・アクセスが可能です。V6はSOA標準に準拠し、迅速に導入できるオープン・プラットフォームです。」

V6は、お客様のPLM戦略へのニーズに対し以下のように価値を提供します。

 

  • IP(知的資産)を管理する単一のPLM統合プラットフォーム:
    V6はプロダクト・ライフサイクル全体を通して、あらゆるエンジニアリング専門領域をカバーするモデリング・アプリケーションと、エンドユーザー・エクスペリエンスを含むコラボレーティブ・ビジネス・プロセス(CBP) をサポートします。
  • グローバルなコラボレーティブ・イノベーションの実現:
    これからのPLMは全ての関係者が参加できる拡張されたコラボレーションとなり、製品の要件、機能、論理、物理(RFLP:Requirements、Functional、Logical、Physical)の定義を結集させることができます。
  • オンラインによる創造とコラボレーション:
    V6では、簡単なWeb接続を使いリアルタイムかつ同時進行での作業を、マルチロケーションで進めることができます。グローバルな設計および生産戦略を遂行する企業にとっては非常に重要です。
  • ライフ・エクスペリエンス:
    直感的に使用できるV6のインターフェースを通じ、現実世界で起こることを疑似化する3Dオンライン上で、だれもが簡単に情報検索、製品についてのコミュニケーション、コラボレーション、体験をすることができます。
  • Ready-to-useのすぐに使えるPLMビジネスプロセス:
    V6は、プロジェクト管理、コンプライアンス管理、ソーシングといったエンタープライズ・プロセスとエンジニアリングを統合します。「V6 Industry Accelerator」は、業界固有のPLMベスト・プラクティスと機能を提供し、導入展開のスピードアップとROI(投資回収)への時間短縮を図ります。
  • 所有コスト(TCO)の低減:
    すべてのアプリケーションを1つの統合サーバー、データベースで利用することで、起動時間が早くなり、所有コストが劇的に低減し、効率的なコラボレーションを実現します。SOA標準準拠により、既存システムとの連携が容易でプログラミングのスキルを持たなくともビジネスプロセスのモデリングが行えるため、適合性の高いビジネスモデルをサポートします。

ダッソー・システムズのV6 PLMソリューション(CATIA、DELMIA、SIMULIA、ENOVIA)は、2008年5月に利用可能となる予定です。従来の主要バージョンと同様、ダッソー・システムズはお客様の既存のPLM資産のバリューを拡張しV5(バージョン5)リリースの開発も継続するとともにV6への移行も行えるようにします。これらの取り組みの一環として、今回同時に発表されたENOVIA MatrixOne 10.8は、V6対応となり、ENOVIA MatrixOneユーザーは10.8にアップグレードすることでV6の利用が可能になります。

V6についての詳細に関しては、こちらのサイトをご覧下さい。
URL: http://www.3ds.com/V6 (英語)

###