Jun 26 2007

ダッソー・システムズ、3DVIAを発表、3Dオンラインで想像、プレイ、体験する新しい世界を提供

一般消費者やプロフェッショナルまで、誰にも身近なユニバーサル3Dサービスの展開へ

仏パリ発2007年6月26日付発表のプレスリリース参考日本語訳

ダッソー・システムズ(本社:仏パリ、Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065、DSY.PA)は、3D をだれにも身近なユニバーサル・メディアとする戦略を展開していますが、その次のステップとなる、オンライン3Dライフ・エクスペリエンスを実現する新ブランド「3DVIA」のスタートを発表しました。

ダッソー・システムズの社長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレスは、次のように述べています。「誰もが3Dのパワーを活用できる世界を想像してください。3Dをオンライン上で人々が創造、共有、体験できるようになり、生活空間や日常使用する製品をよりよくする活動に参加できる世界です。ダッソー・システムズはパートナー企業とともに3DVIAを開発し、コンピューターやインターネットにアクセスすれば、誰もが革新的で、使って楽しい3Dサービスをオンラインで利用できる世界を切り開いていきます。」

3DVIAサービスは http://www.3dvia.com (英語)から利用できます。ダッソー・システムズの26年の技術の蓄積を投入した、最初のサービスは本年後半から提供を予定しています。3Dによるオブジェクトの考案、作成、3Dのアップロード、共有、タグが可能になるサービスを3DVIAコミュニティへ提供し、3Dでインタラクティブな擬似体験を楽しめる環境を実現します。

ダッソー・システムズの顧客はあらゆる業界で活躍しており、膨大な量の知的資産をCATIA、SolidWorks、DELMIA、SIMULIAで作成していますが、それをさらに効果的に活用、再利用し、彼らの顧客との情報交換を改革する必要に迫られています。ENOVIAによりサポートされているグローバル・コラボレーティブ・プラットフォームで、適切なコンテンツ、プロセス情報、さらには3DVIAによるライフ・エクスペリエンスも提供されます。最初のプロフェッショナル向けオンライン・コミュニティ、「3DVIA SupplierSource」は、設計者とサプライヤーをつなぐ方法のひとつです。

3DVIAはパートナー企業にとって、その独自の3D擬似体験を、一般消費者やプロフェッショナルなどあらゆるタイプのオンライン・コミュニティに提供できるパワフルなプラットフォームです。このたび、3DVIAの発表の一部として、ダッソー・システムズとMicrosoftの提携拡張が発表されました。ダッソー・システムズはまた、REALVIZとAllegorithmicとの提携によって、同社の技術を利用した3Dの背景表現と真に迫ったきめ細かいテクステャを可能にし、3D環境のリアリズムを強化したことを発表しました。その他のパートナー提携についても、近日発表予定です。

3DVIAではグローバルなチームを編成し、世界で最高の3D技術をオンライン・コミュニティに提供するよう取り組んでいきます。