Sep 14 2005

ダッソー・システムズ、V5の新しいアプリケーション・カスタマイズ・ソリューションとしてVSTAを採用

Visual Studio Tools for Applications(VSTA)でV5 PLMソリューションのカスタマイズを支援

仏パリで2005年9月14日に発表されたプレスリリースの参考日本語訳

 

ダッソー・システムズ(本社 仏パリ DS - Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA、以下ダッソー・システムズ)は、Microsoft .NETベースの新しいアプリケーション・カスタマイズ・ソリューションVisual Studio Tools for Applications(以下VSTA)をV5 PLM(プロダクト・ライフサイクル・マネージメント)ソリューションに採用することを発表しました。

 

VSTAをサポートする目的は、.NETテクノロジーをすでに導入されているダッソー・システムズのお客様に対応するためです。VSTAをV5 PLMに統合することにより、社内のベスト・プラクティスやナレッジの収集、保存、強化、再利用を行う高度な環境が整うため、お客様はV5ソリューションの機能をそれぞれのニーズに応じて拡張することができます。さらに、VSTAは既存のVBAコードと平行して実行できるため、V5 PLMソリューションの新旧のインプリメンテーションを併用することが可能になります。

 

ダッソー・システムズのResearch & Development, Open ArchitectureのDirectorであるFlorence Hu-Aubignyは、「お客様は社内の重要なベスト・プラクティスを長期にわたり活用されています。ダッソー・システムズがVSTAを導入する目的は、こうした企業内ナレッジをV5 PLM環境内で手軽にコスト効率よく最大限に利用できるようにするためです」と述べています。

 

Microsoft Corp.のVisual Studio Tools for ApplicationsのGeneral ManagerであるKD Hallman氏は、「戦略的パートナーであるダッソー・システムズのお客様層に価値ある次世代アプリケーション・カスタマイズ技術を提供できることを嬉しく思います。ダッソー・システムズはV5 PLMソリューション・セットにVSTAを統合することで、.NETを採用されているお客様のニーズに対応できます。これによってお客様は最適化され管理されたコード・プログラミング環境を手にし、アプリケーションのカスタマイズ能力をレベルアップすることができます」と述べています。