Apr 14 2016

ダッソー・システムズがインドの合弁会社3DPLM Softwareを完全子会社化

インドのR&DラボとチームをグローバルR&Dに完全に統合 3Dエクスペリエンス企業としての足場を強化

2016 年4月1日 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発プレスリリース 日本語参考訳 — 3Dエクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) と、PLM、グローバル・エンジニアリング・サービス、オフショア製品開発 (OSPD) 向けソリューションとテクノロジーをリードするジオメトリック (Geometric Ltd., BSE: 532312, NSE: GEOMETRIC) は本日、両社がインドに設立している合弁会社、3DPLM (3DPLM Software Ltd.) を、ダッソー・システムズの完全子会社とすることに合意したと発表しました。

2002年にインドで設立された3DPLMは2,000名の従業員を擁し、ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームおよび各ブランド・アプリケーションの研究開発 (R&D) やサービスを手がけています。このたび3DPLMがダッソー・システムズのグローバルR&Dに完全に統合されることで、開発プロジェクトにこれまで以上の付加価値を与え、より大きく貢献できる一方、3DPLMの従業員は、より充実したキャリア開発の機会を得られるようになります。

ジオメトリックの社長兼CEOであるマニュ・M. パルピア (Manu M. Parpia) 氏は次のように述べています。「2002年から始まった両社の関係は本当に素晴らしいものでした。何年にもわたり、ジオメトリックはダッソー・システムズに高い価値をもたらす一方、株主もこの関係から得られる安定した成長の恩恵を得てきました。この機会にダッソー・システムズにあらためて感謝の意を表すると共に、3DPLMの従業員一同に対しても、ダッソー・システムズでの今後のますますの活躍を祈っています」

ダッソー・システムズのR&D担当シニア・エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるドミニク・フローラックは次のように述べています。「ジオメトリックとの14年間のパートナーシップを通じて、私たちは、ひたむきで情熱あふれるメンバーによる競争力の高いR&Dチームを作り上げ、いまやそれはグローバルR&Dの貴重な資産になりました。3DPLMをダッソー・システムズに完全に統合することは、これまでの継続的な投資や非常に成功をおさめたパートナーシップの帰結であり、また、グローバルR&D全体に対する3DPLMの貢献をさらに一歩進めたものでもあり、3Dエクスペリエンス・プラットフォームに向けた戦略的な一連の動きとなるものです。私は世界クラスのR&Dチームと経営陣をダッソー・システムズに迎えられることをとてもうれしく思います」

今回の買収スキームでは、まずジオメトリックの事業をHCL Technologies Ltd.に移管し、同時に法人としてのジオメトリックを3DPLMに統合し、その後、3DPLMの所有権100%をダッソー・システムズが獲得します。この手続きは裁判所が承認したスキームのもとで実行され、株主、高等裁判所、その他の規制当局の認可を必要とします。ジオメトリックの株主は、3DPLMの所有権と交換に、ジオメトリックの一株あたり、3DPLMの68ルピーでの償還条件付き優先株一株と、7パーセントの優先配当を受け取ります。手続きの完了は2016年第4四半期中の予定です。3DPLMは既にダッソー・システムズの連結決算報告に含まれており、この買収の完了はダッソー・システムズの収入・支出に対して中立です。