Jun 04 2013

ダッソー・システムズがアプリソ社を買収

3Dエクスペリエンス・プラットフォームに
グローバル製造オペレーション管理を統合

2013年5月29日 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発プレスリリース 日本語参考訳 —3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、製造ソフトウェア・ソリューションのリーディング・プロバイダーであるアプリソ(Apriso Corporation)を、約2億500万ドルで買収する意向であると発表しました。米国カリフォルニア州ロングビーチに本社をおくアプリソの買収により、3Dエクスペリエンス・プラットフォームのグローバル製造オペレーション管理機能がより強化されます。

アプリソの買収により、消費財、パッケージ製品、ハイテク、医療機器・医薬品、自動車・輸送機械、航空宇宙・防衛、産業機械などの様々な業界において、ダッソー・システムズがこれまで3Dエクスペリエンスで築いてきた顧客基盤はさらに拡大します。同社のソリューションは現在、アルストム、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ、ボンバルディア、カミンズ、ゼネラル・モーターズ、日立コンピューター・プロダクツ(アメリカ)、JT、ロクシタン、ロッキード・マーティン、ロレアル、フィリップ・モリス・インターナショナル、サンゴバン、テキストロン・システムズ、トリクセル、ヴァレオ、ボルボCEといった様々な企業に採用されています。

アプリソはダッソー・システムズのDELMIAアプリケーション・ポートフォリオに統合され、3Dエクスペリエンス・プラットフォームの「バーチャル+リアル(コンテンツおよびシミュレーションアプリケーション)」領域を強化します。アプリソのソリューションはグローバルに展開する製造ネットワークの同期化、リアルタイムな可視化を実現し、工場やサプライヤーのビジネス・プロセスを管理します。これらは、グローバル規模で統合管理できる共通オペレーションスタンダードを構築するためのソリューションを提供するとともに、地域のマーケットや顧客のニーズを満たす継続的な改善をもたらします。これらのソリューションを3Dエクスペリエンス・プラットフォームに統合することによって、顧客企業は自社のビジネスを、アイデアの段階から設計、製造、さらに世界各国の消費者に向けた製品供給に至るまで、総合的に把握できるようになります。

ダッソー・システムズの社長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレスは次のように述べています。「この買収を通じて3Dエクスペリエンスとアプリソのソリューションを統合し、当社のお客様に、新しいビジネス・エクスペリエンスをご提供できます。いま問われているのは、単に『次に来る革新的なアイデアは何か?』といったことではなく、むしろ『自分たちは素早く、効率的に、高い費用対効果でアイデアを生み出せるか?グローバルに展開するビジネスの要請に的確に反応し、地域における製造能力を機動的に高めることに秀でているか?』ということです。3Dエクスペリエンス・ビジネス・プラットフォームは、こうした問いに答えていきます」
フランスの部品メーカーであるサンゴバン社(Saing-Gobain)のInnovative Material部門SAP  Competency CenterのディレクターであるPascal Ober氏は次のように述べています。「競争が激しい自動車向けガラス分野で勝ち抜くには、イノベーションが必須です。当社はアプリソのソリューションを使い、世界の60か所以上の拠点で、品質管理、物流、製造、コンプライアンス対応といった各プロセスの構築と実行を管理しています。ダッソー・システムズは今、製品からプロセス革新、実行までを結ぶ包括的なソリューションを手にしたことになります」

アプリソの社長兼CEOのジム・ヘンダーソンは次のように述べています。「アプリソ社一同は、実績のある製品と高い専門能力とともにダッソー・システムズに加わり、グローバルな製造業の課題を解決できることを光栄に思います。3Dエクスペリエンスにおけるダッソー・システムズのリーダーシップと共に、我々は設計からエンジニアリング、製造、ひいては消費者体験(コンシューマー・エクスペリエンス)へと至るループを完結させることができます。グローバル製造業は、世界市場における新製品の開発やプロセス革新を、より加速させることができるようになります」

米国Cummins Corporate Manufacturing groupのManufacturing IT Systems and Industrial ControlsディレクターであるRobert Borchelt氏は次のように述べています。「グローバル・パワー・リーダーとして、カミンズ社(Cummins Inc.)は広範囲にわたる製品を、様々な市場やお客様に対して設計・製造しています。当社は新製品の投入や、特定の市場やお客様のニーズに合わせた製品のコンフィグレーションをよりスピードアップするためには、製品の設計と製造オペレーション・ソフトウェアの統合が次の一手として必須であると考えています。製品ラインナップの拡大とグローバル化は、当社が直面する二つの大きな課題であり、市場における成長と拡大を考える上で、製品やプロセスをグローバルで管理する能力は不可欠と考えています」

ダッソー・システムズとアプリソは既に買収の最終契約に向かっており、ダッソー・システムズはアプリソを現金取引で買収する予定です。買収の完了は、規制機関の承認を含む一般的なクロージング条件(normal closing conditions)によりますが、2013年7月に完了の見込みです。