May 08 2012

ダッソー・システムズ、
3Dエクスペリエンス・プラットフォームでギザ・ネクロポリスを再現

インタラクティブ・エクスペリエンスにより、
エジプト・ギザ高原を体感できる没入型3Dを実現

2012年5月8日米マサチューセッツ州ウォルサム発プレスリリース 日本語参考訳 — 3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は、ギザ・ネクロポリス史跡などで知られるエジプト・ギザ高原をインタラクティブ3Dで再現する「Giza 3D」の提供を開始しました。

Giza 3Dはインタラクティブなアプリケーションで、www.3ds.com/giza3Dで無償提供されます。このアプリケーションは2012年5月8日にボストン美術館(MFA)で行われるガライベントで正式に発表されました。同イベントではスピーカーとして、MFAの古代エジプト、ヌビア、近東芸術担当シニア・キュレーターのLawrence Berman氏、ならびにダッソー・システムズの北米担当マネージング・ディレクターのアル・バンシャフト(Al Bunshaft)が登壇し、芸術への理解を深め、歴史的データを後世に残すための3Dテクノロジーの活用について討論を行いました。

Giza 3Dのウェブサイトでは、代表的な遺跡の概略を紹介するガイドツアーの他に、ユーザー自身がネクロポリスを自由に散策しながら、復元された墓やシャフト、つながった埋葬室をじっくりと見学し、クフ王およびメンカウラー王のピラミッドなど、ネクロポリスの四つの古代神殿の内部に入ることができます。また、現代および過去の古い写真、3Dによって細部まで再現された30点以上の品々の閲覧が可能です。その他、MFAのギザアーカイブのウェブサイトに掲載されている写真、発掘日誌、地図等にアクセスでき、学習体験(エクスペリエンス)を広くサポートしています。

Giza 3Dは、様々な人々のニーズに対応しています。

・ 一般の方々:ギザの遺跡に関する最新の情報源に容易にアクセスし、かつてなかった方法で古代エジプトにつ いて学ぶことができます。

・ 学術機関:Giza 3Dは古代エジプト学の指導において極めて有効なツールであり、これをツール活用することで、より効果的に学生の理解を促すことができます。Giza 3Dは、ウェブをはじめ、各種3D対応デバイスで利用できます。

・ 研究者:彫像の裏側の碑文など、博物館の通常展示では見ることができない資料でも、3Dによる再現によって複数の角度から観察できます。また3D情報を共有し、仮説検証に役立てることができます。

・ 博物館学芸員(キュレーター):没入型3Dデバイスを導入した新しい鑑賞方法を提案できます。Giza 3Dは、インタラクティブな3Dディスプレイと、高性能な3D画像によって、博物館での体験がより印象深いものとなり、鑑賞者が博物館に足を運ぶきっかけとなるでしょう。

ダッソー・システムズのインダストリー担当、エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるモニカ・メンギーニ(Monica Menghini)は次のように述べています。「Giza 3Dは、当社の3Dエクスペリエンス・プラットフォームが、教育や研究、知識の共有手法を根本的に変革するアプリケーションをいかに強化し進化させ得るかを顕著に示しています。今日、誰もがギザの考古学的な遺跡を身近に体感できるようになりました。家庭にあるコンピュータで古代エジプトの驚異を十分に体験することが可能であり、3Dテレビによって、まるでその場に引き込まれるような体験を得ることができるのです。没入型環境に身を置くことで、比類ない現実感を伴った、時空を超える旅を叶えられるのです。」

一世紀以上前、著名なエジプト学者であり、科学的な近代考古学の創始者であるジョージ・ライスナー(George Reisner)は、ハーバード大学とボストン美術館によるギザ高原の合同調査隊を指揮しました。収集された貴重な写真、日誌、図面、文書は、最近十年の間に精密にデジタル化され、MFAのギザアーカイブ(Giza Archives)より、オンラインで利用可能となりました。ダッソー・システムズでは、これらのデータをもとに、ギザ・ネクロポリスを可能な限り正確に再現しました。

ダッソー・システムズの長年にわたるエジプト調査関連プロジェクトについては、以下をご参照ください。
ギザアーカイブ・プロジェクトについて: http://www.3ds.com/company/experiential-marketing/giza-3d/?
クフ王のピラミッドに関するジャン=ピエール・ウーダン(Jean-Pierre Houdin)氏とのプロジェクトについて: http://www.3ds.com/company/passion-for-innovation/the-projects/khufu-reborn 

###