Oct 01 2015

ダッソー・システムズ、SOLIDWORKS 2016を発表

より迅速かつ容易な製品設計と開発を実現する、 新しいユーザー・インターフェース、フィーチャー、機能強化を導入した 強力な3次元設計ポートフォリオの最新リリース

2015 年10月1日 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発プレスリリース 日本語参考訳 — 3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、多くのユーザーに支持されている3次元設計およびエンジニアリング・アプリケーションの最新リリースであるSOLIDWORKS 2016を発表しました。SOLIDWORKS 2016には、270万人以上*1のSOLIDWORKSユーザーに向けて、製品のイノベーション、設計、検証、協業および製造をすばやく簡単に進めるための、数々の新機能や機能強化が含まれています。

ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームとの親和性を高めたSOLIDWORKS 2016の統合3次元設計環境は、製品開発のあらゆる側面に対応します。ユーザーの要望に基づき強化された機能としては、あらゆるサーフェスをフラット化する機能や、設計性能の視覚化および検証を支援する機能、製造部門とより効率的なコミュニケーションを行う機能、(3Dモデリングのデータをもとに)マーケティングで求められる高画質の画像を迅速に作成する機能、さらに、より容易にアクセス可能になったコマンド群などが挙げられます。設計者やエンジニアは、これらの機能、およびユーザー・インターフェースの強化をはじめとするその他多数の新機能によって、設計を重視しながら複雑な問題を解決し、同時並行の設計プロセスを効率化するとともに、設計から製造へのプロセスを短縮することが可能です。

Gaztransport & Technigaz社のシニアCADデータ・マネージャーであるDavid Herlin氏は次のように述べています。「当社の設計部門は、複雑なモデルを扱っており、SOLIDWORKS 2016の数多くの新機能や機能強化を高く評価しています。なかでも、対象を容易に選択できる『選択階層リンク』機能や、『purge』機能(未使用フィーチャーの削除)により、当社の設計者の作業効率は一層高まるでしょう」

ダッソー・システムズ、SOLIDWORKSブランドの最高経営責任者(CEO)であるジャン・パオロ・バッシは次のように述べています。「SOLIDWORKSコミュニティはこれまで、小型の家電機器から何十万点もの部品で構成される産業機械まで、優れた製品の数々を生み出しており、かつ最新の技術トレンドを導入することで、形状や機能をはじめとする革新的な製品づくりを進めています。SOLIDWORKS 2016に盛り込まれた数々の機能強化の90%以上が、今まで以上にすばやく簡単に業務を進めたい、という声をはじめ、コミュニティから寄せられた多くの貴重な意見を直接反映したものです。次世代型の製品が登場する中、SOLIDWORKSはその優れた機能を通じ、数多くの設計の専門家、教育者、学生、さらに、『メイカーズ』と呼ばれる新しいユーザー層に対して、製品設計、シミュレーション、テクニカル・コミュニケーション、データ管理における効率的なイノベーションを支援します」

SOLIDWORKS 2016のポートフォリオに搭載された新機能ならびに機能強化の例は、以下の通りです。

ソフトウェアではなく、設計そのものに集中

以下の各種機能を通じ、設計プロセスの加速や、目的の形状を実現する時間と労力の削減、モデリング業務の柔軟性の向上、コマンドへの容易なアクセスを実現できます:

  • 曲率保持のエッジフィレット—あらゆるタイプのフィレット(非対称、および様々なサイズを含む)に対し、非常にスムーズなブレンドまたは「曲率連続」のフィレットを、これまでになく迅速に作成できます。
  • スイープコマンド— 信頼性が高く予測通りの優れた結果をもたらす、複雑なスイープ形状を極めて迅速に作成できます。円形の輪郭を持つ断面でスイープを自動作成し、一方向あるいは両方向にスイープ(双方向スイープ)を作成できます。
  • ねじ山ウィザード—迅速かつ使いやすいコマンド操作一つで規格通り、あるいはカスタム定義のねじ山を正確にモデリングできます。
  • 選択階層リンク— フィーチャー ツリーを表示することなく迅速かつ容易にあらゆるモデルにアクセスし、カーソル内の選択階層リンクでマウス移動量を削減します。

複雑な問題を素早く解決

より効率的に解析を実施して、複雑な問題の解決や機能の視覚化および検証を促進し、潜在的な欠陥をそれが発生する前に検出します:

  • 革新的な設計検証ツール—動作のシーケンス、荷重、部品の動き、必要な力、正確なメッシュ結果に関する信頼性の高い性能データに基づき、優れた管理や洞察を可能にします。
  • サーフェス展開—非常に複雑な形状を迅速かつ容易に製造用にフラット化します。3次元サーフェスへと形状を成形し直した際に発生したひずみを容易に特定し、またフラットパターンにリリーフカットを適用して過剰な引張/圧縮を軽減します。

設計の並行作業を効率化

メカトロニクス設計、コンカレント設計、効率的なエレメカ設計において、チーム内や、専門業者と顧客およびベンダー企業といった複数の組織間でコミュニケーションや協業を行い、同時並行で業務を進めることが可能です:

  • 合致コントローラ—計算、コントロール、視覚化の各機能を使い、ゲームコントローラーのような直感的な操作で複雑なアセンブリ動作やアニメーションの作成が可能です。 
  • eDrawings—設計の測定に一貫性を保ち、ドキュメント間の移動やモデルの視覚化の精度を高め、製品開発を通じて設計をめぐる協業やコミュニケーションを向上します。

設計から製造までをスピードアップ

時間を節約し、ミスを低減しながら、製造に対しより詳細なアウトプットを作成し、製品開発から製造へ至る期間を短縮します:

  • SOLIDWORKS MBD(Model Based Definition)の機能強化—製造仕様を迅速に、直接3次元で定義、準備およびパブリッシュすることで、2次元図面の曖昧さや、後工程で矛盾が生じる事態を回避します。
  • SOLIDWORKS Visualize (旧Bunkspeed)— SOLIDWORKSやその他のCADデータの「カメラ」として高品質な画像を生成し、設計のコンセプトを消費者に届けることで、ユーザーのより優れた意思決定を支援します*2:

 

製品デモや今後予定されている代理店イベントを含むSOLIDWORKS 2016に関する詳細はこちらをご覧ください:  

*1: 2015年第2四半期現在,累計ライセンス数は2,864,900

*2: 2016年Q1より搭載予定

訳注:本資料は仏Dassault Systèmes による英文プレスリリースをダッソー・システムズ株式会社が日本語訳(抄訳)したものです。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先致します。予めご了承下さい。