Jan 15 2008

ダッソー・システムズ、中堅企業向けのPLMエンジニアリング・ソリューション、ENOVIA SmarTeam Engineering Expressを発表

構想設計から生産フェーズまでをカバーする、迅速に導入可能で拡張性の高い中堅企業向けソリューション

イスラエル、クファル・サバ発2008年1月15日付発表のプレスリリース参考日本語訳

3DとPLM(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)ソリューションにおけるワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(本社:仏パリ、Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065、DSY.PA)は、中堅企業向けのマルチCAD対応PLMエンジニアリング・ソリューションである「ENOVIA SmarTeam Engineering Express」を発表しました。同ソリューションは購入後すぐに利用可能で、また拡張性を備えています。プロダクト・ライフサイクルにおける製品構想設計から生産フェーズまでをカバー、設計部品表(E-BOM)業務のベスト・プラクティスを採用し新製品の市場導入を飛躍的に加速します。

米国に拠点をおく流体システム・コンポーネント・メーカーであるSwagelokのEngineering Systems ManagerであるJim Stewart氏は、次のように述べています。「ENOVIA SmarTeamは、技術上または業務上の変更を、管理、伝達、統合するためのシステムを提供します。以前より少ない工数で、3倍以上の変更を処理できるようになり、おかげで個別受注製品の処理時間を70%短縮できました。」

顧客企業は、新製品の市場導入の迅速化や、設計変更にかかる期間短縮および回数の低減により、生産性向上、コスト削減というメリットが得られます。アイテム/BOMベースのアプローチ、カスタマイズ可能なワークフロー・プロセス、機械系および電気系双方のCADシステムをサポートするENOVIA SmarTeam Engineering Expressを活用して製品の変更管理を行い、ベスト・プラクティスを適用することにより、顧客企業は製品定義業務を改善することが可能になります。さらに、精度、データ整合性、コンフィギュレーション管理の向上も実現し、既存データを効率的にすぐに再利用できるようになります。

ENOVIA SmarTeam Engineering Expressは、ENOVIA SmarTeamコラボレーティブ・エンジニアリング製品をベースとしてパッケージ化された導入が容易なソリューションで、迅速な立ち上げが可能で、少ないTCO(総所有コスト)の実現が可能な中堅企業向けのソリューションです。あらかじめパッケージ化されている、カスタマイズも可能なENOVIA SmarTeam Engineering Expressは、購入後すぐに利用できるPLM機能を提供し、導入後のPLMニーズの拡大に応じて、コラボレーティブ・エンジニアリング・ソリューションに拡張することができます。

ダッソー・システムズのENOVIA SmarTeam担当General ManagerであるAlex Zeltcerは、次のように述べています。「SmarTeam Engineering Expressをソリューション群に加えたことで、総所有コストをかなり低く抑えることができるという大きなメリットを中堅企業に提供していきます。それを可能にする理由の一つには、我々の製品が.NETといったマイクロソフトのテクノロジーとうまく連携している点にあり、お客様はコストがかかるハードウエアやソフトウエアに追加投資していただく必要はありません。」

2006年に導入され、現在すでに数百社という中堅企業で採用されているSmarTeam Design Expressとともに、同一プラットフォーム上で、構想から生産までエンド・トゥ・エンドの中堅企業向けエンジニアリング・ソリューションを実現する今回のSmarTeam Engineering Expressの提供で、ENOVIA SmarTeam製品は、PLMのメリットを世界中のあらゆる業界、規模の会社に提供するという、ダッソー・システムズのミッションを強化していきます。

 

###