Jan 24 2008

ダッソー・システムズ、統合コラボレーティブPLMプラットフォームの基盤、ENOVIA MatrixOne 10.8 を発表

PLM 2.0を実現する初のV6テクノロジー適用バージョン

米マサチューセッツ州ローエル発2008年1月24日付発表のプレスリリース参考日本語訳

3DとPLM(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)ソリューションにおけるワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(本社:仏パリ、Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は、「ENOVIA MatrixOne 10.8」を発表しました。ENOVIA MatrixOne 10.8はダッソー・システムズのENOVIA戦略を大きく前進させるものであり、PLM 2.0 [1] をサポートする初のV6対応ソリューションとなります。ENOVIA MatrixOne 10.8は、あらゆる業界のお客様のビジネスプロセスに対応するダッソー・システムズの単一のPLM統合プラットフォームの基盤となります。

ダッソー・システムズのENOVIA CEOであるJoel Lemkeは、以下のように述べています。「ENOVIA MatrixOne 10.8は、ダッソー・システムズのV6 プラットフォームの基盤であり、我々の長期ビジョン、未来のPLM オファリング、サービスの中心となります。ENOVIA MatrixOne 10.8を採用することで、既存のお客様および将来のお客様は、V6を利用いただける環境を持つことになります。」ENOVIA MatrixOne 10.8は、ダッソー・システムズが展開するPLM のためのSOA戦略における大きな1歩となるもので、いかなるPLM関連のIP(知的資産)もエクステンディッド・エンタープライズ内で管理、連携が可能となります。

ENOVIA MatrixOne 10.8は、新しく発表されたV6で以下のように価値を提供します。

IP(知的資産)を管理する単一のPLM統合プラットフォーム:

  • 各業界におけるPLM戦略をサポートするための、イノベーティブな各業界向けアクセラレーターおよびアプリケーション群を提供
  • 新しいコラボレーティブ・プラットフォームを提供し、エクステンディッド・エンタープライズ内のあらゆるPLM関連IPを連携

グローバルなコラボレーティブ・イノベーションの実現:

  • グローバル企業およびサプライ・チェーンのためのコラボレーティブなイノベーション・コミュニティ形成を可能にするソリューションを提供
  • 企業間のイノベーションのための、体系化されたエコシステムまたは臨時のエコシステムをダイナミックに作成するテクノロジーを提供

オンラインによる創造とコラボレーション:

  • 知的資産を流用、共有、体感、コラボレーション、作成するためのオンライン・コミュニティの形成をサポート

ライフ・エクスペリエンス

  • リアルなビジネス・プロセス・モデリングおよびシミュレーションによりPLMに新たな業界標準を提供
  • 数々の賞に輝いたダッソー・システムズの優れた3DLiveナビゲーション機能のメリットにより、知的資産をライブ・オンラインで体験

Ready-to-useのすぐに使えるPLMビジネスプロセス

  • PLMライフサイクルを通して、モデリング、シミュレーション、生産、サポート、複雑なマルチサイトおよび部門間連携における先進的なプロジェクト管理などの次世代型ベスト・プラクティスを提供し、ユニークな競争優位性を提供。
  • オンライン上でのダイナミック・モデリングおよびビジネス・プロセス・テクノロジーの活用を推進
  • ライフサイエンス、アパレル、半導体などの各業界向けアクセラレーター群を大幅に拡張

所有コスト(TCO)の低減:

  • 最高レベルのオンラインおよびSOAの世界を、SOA標準をはるかに凌駕したPLM機能群(ダイナミックなビジネス・プロセス・モデリング、XMLをベースとした双方向連携、最小フットプリント)によって実現。V6をパワフルかつオープンで迅速な導入展開が可能なPLMプラットフォームとして活用し、グローバルな運用コストを大幅に低減します。

全てのENOVIA MatrixOne 10.8 ソリューション群は、2008年2月に利用可能となる予定で、ENOVIA MatrixOneをご利用のお客様は通常のアップグレードによりご利用いただくことができます。

###


</><//></><//><//a><//a></><//>[1] 同日発表のV6プレスリリースをご参照ください。