Sep 01 2014

ダッソー・システムズ、SOLIDWORKS教育版2014-2015を発表

SOLIDWORKS教育コミュニティのユーザー数が10万人を突破; 新しいSOLIDWORKS教育版が学生の理系分野における就職準備を支援

2014年8月12日仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発プレスリリース 日本語参考訳 — August 12, 2014 — 3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、プロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、SOLIDWORKS 教育版 2014-2015を発表しました。3Dエクスペリエンス・プラットフォームによって強化された最新のSOLIDWORKS教育版は、3次元設計のためのソフトウェア・アプリケーション・ポートフォリオに、数々の新機能を追加することで充実のオファリングを提供し、学生の3次元CAD、シミュレーション、製品データ管理、技術テクニカルコミュニケーション、電気設計をはじめとする設計技能を伸ばします。日本国内向けには、ソリッドワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区)から販売代理店を通じて提供します。

3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、プロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、SOLIDWORKS 教育版 2014-2015を発表しました。3Dエクスペリエンス・プラットフォームによって強化された最新のSOLIDWORKS教育版は、3次元設計のためのソフトウェア・アプリケーション・ポートフォリオに、数々の新機能を追加することで充実のオファリングを提供し、学生の3次元CAD、シミュレーション、製品データ管理、技術テクニカルコミュニケーション、電気設計をはじめとする設計技能を伸ばします。日本国内向けには、ソリッドワークス・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区)から販売代理店を通じて提供します。

グローバルなSOLIDWORKSコミュニティの認定ユーザー数が10万人を突破するなかで、教育者および管理者は、SOLIDWORKSのトレーニング、教育、認定が、今後学生を採用する雇用者にとって、学生の専門知識を評価する際の重要な要素となると認識しています。

クレムゾン大学で一般工学の教鞭をとるJohn Minor教授は次のように述べています。「クレムゾン大学は、CSWA (Certified SolidWorks Associate:ソリッドワークス認定試験)の実施機関として、工学を専攻する学生のCSWA認定取得において、全米の大学の中で最も貢献してきました。実際、クレムゾンは世界的にもトップレベルでCSWA認定者を輩出しています。クレムゾンの一般工学プログラムは、学生をグローバルなビジネス社会に送り出す準備をする上で、確固たる基盤を提供しています。」

ダッソー・システムズ・ソリッドワークス社、最高経営責任者 (CEO)であるベルトラン・シコは次のように述べています。「世界はエンジニア、イノベーター、そして設計のリーダーを必要としています。ダッソー・システムズはSTEM教育を促進し、世界の最前線にそうした次世代のリーダーたちを送り込むための努力を惜しみません。SOLIDWORKSの教育コミュニティにはSAE Collegiate Design Series (SAEの大学生向け設計シリーズ)のコンテスト参加者やFIRST Roboticsコンテストの優勝者が数多く参加しています。」

SOLIDWORKS教育版2014 -2015の統合アプリケーション・ポートフォリオには、教職員の効率性を高め、学生の設計プロセスを短縮し、チームのコラボレーションを強化し、教育の生産性を多数の領域をまたいで実現するための、新しいツールや機能強化が含まれています。

SOLIDWORKS教育版に追加された代表的な新機能は、以下の通りです:

SOLIDWORKS 教育版のサブスクリプションサービスに加入し、条件を満たした教育機関には、教職員・学生が学外でもSOLIDWORKSを使用するために自習ライセンス「SOLIDWORKS Student Access ライセンス」を無償で提供します。また、Certified SOLIDWORKS Academic Exam Providerに登録し、在学生を対象にCSWAの認定試験を無償で実施することもできます。

SOLIDWORKS教育版に関連する新たな取り組みとして、今月初めより、FIRST Roboticsコンテストの全チームに対しSOLIDWORKS Robotics Sponsorshipへの応募資格を提供しています。本協賛活動はSOLIDWORKS教育版2014-2015をベースとしています。

SOLIDWORKSを使いAUVSI 2014 Aerial Robotics Competition (AUVSI・国際無人機協会の空中ロボットコンテスト) などのイベント競技に参加している学生や、大学4年生によるロボット工学プロジェクトの作成や完成については、こちらをご覧ください

SOLIDWORKS教育版に関する詳細については、こちらをご覧ください