Jun 22 2006

ダッソー・システムズ、オンライン上で瞬時に3Dコラボレーションを実現するENOVIA 3D Liveを発表

画期的な新3Dコラボレーティブ・インテリジェンス・ソリューション

仏パリ発 2006年6月22日付発表のプレスリリース参考日本語訳

 

ダッソー・システムズ(本社 仏パリNasdaq: DASTY, Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、オンライン・アプリケーションのためのV5 SOAアーキテクチャーを活用した初の3Dコラボレーティブ・インテリジェンス・ソリューション「ENOVIA 3D Live」のベータ版を発表しました。ENOVIA 3D Liveは、操作性に優れたユーザー・インターフェースを通じ、場所、ソース・フォーマットに関わらず誰もがあらゆるPLM情報をリアル・タイムに検索・ナビゲートすることが可能です。ユーザー同士でのオンデマンド3Dコラボレーションを実現することで、あらゆる業界のPLMプロセスにイノベーションをもたらします。


マイクロソフトのcorporate vice president, Developer and Platform Evangelism GroupであるSanjav Parthasarathy氏は「3D Live オンライン・アプリケーションを提供することでマイクロソフトのプラットフォームを利用する企業ユーザーの可能性を広げようという、ダッソー・システムズの戦略は非常に魅力的です。ENOVIA 3D Liveは、マイクロソフトとダッソー・システムズがお客様に対して、使いやすくパワフルで優れたパフォーマンスを提供する接続されたソリューションを提供しようという情熱を共有することを表しています。」と述べています。


ダッソー・システムズのexecutive vice president, R&DであるDominique Florackは「コラボレーティブ・インテリジェンス向け初のオンライン・アプリケーションとなるENOVIA 3D LiveによりPLMのパワーを既存マーケットおよび新規マーケットのより幅広いユーザー層に広げることができます。ENOVIA 3D Liveは、オンライン・コラボレーションを体験するユーザーを新しい段階へと導きます」と述べています。


ENOVIA 3D LiveはWeb上で利用できる軽量アプリケーションです。これにより、誰もが時間や場所を問わずあらゆるPLM情報ソースに安全に接続することが可能です。3Dサーチ、3Dナビゲーション、 3Dコラボレーションといった革新的な技術が採用されています。また、ENOVIA 3D LiveではV5 SOAというオープン・アーキテクチャーを採用しているため、いかなるPLMデータでも利用することができます。このソリューションは、現在ダッソー・システムズと主要なお客様企業間でベータ版検証が進行中であり、2006年後半に提供可能になる予定です。


ENOVIA 3D Liveは、お客様およびパートナー各社のネットワーキングおよびPLMソリューションのためのCAA V5開発プラットフォームに関する最新情報を得る機会であるCAA V5 DEVCONコンファンレス(2006年6月27-28日パリにて開催予定)にて紹介される予定です。DEVCON 2006への登録および最新情報については以下URLをご覧ください。
www.3ds.com/devcon