Belfastの Queen's Universityが CATIA V5、DELMIA、およびSMARTEAM V5をエンジニアリング教育に使用

"/> Belfastの Queen's Universityが CATIA V5、DELMIA、およびSMARTEAM V5をエンジニアリング教育に使用

"/>
Oct 11 2005

ダッソー・システムズとQueen's University、PLMコンピテンシー・センターを設立

Belfastの Queen's Universityが CATIA V5、DELMIA、およびSMARTEAM V5をエンジニアリング教育に使用

英国ベルファストと仏パリで2005年10月11日付けで発表されたプレスリリースの参考日本語訳

 

ダッソー・システムズ(本社 仏 パリ、Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSYPA)は本日、Queen’s Universityとパートナーシップを発表いたしました。本パートナーシップにより、ダッソー・システムズはPLM(プロダクト・ライフサイクル・マネージメント)ソリューションを教育および研究用に提供していきます。

 

Queen’s Universityは、ダッソー・システムズの世界をリードするPLMソリューションを同大学の研究および学部カリキュラムに統合していきます。同カリキュラムでは、3D製品開発ソリューションであるCATIA V5、 製造プロセスデジタル定義のDELMIA、製品データおよびライフサイクル管理のSMARTEAMを使用します。ダッソー・システムズは、同大学内にあるNorthern Ireland Technology Centre (NITC)と協力し、変化の早いビジネス環境に対応するPLMに関連する教育カリキュラムを開発します。まず、学部カリキュラムにPLMモジュールを取り入れ、近い将来、同大学の修士課程の学生はダッソー・システムズのソフトウエアを使用してPLMに関連する高度な学位を習得する学習が可能になる欧州初の大学院生となることが期待されています。

 

同パートナーシップにより、北アイルランドの企業は世界中の多くの優良企業に採用されているデジタル設計ソフトウエアの訓練を受けた若いエンジニアを獲得できるようになります。NITCは、同大学のContinual Professional Developmentトレーニング・プログラムの一環としてダッソー・システムズのソフトウエアを使用して企業のエンジニアのスキル開発をサポートをします。このような企業の最たるものには北アイルランドで最大の製造業であるBombardierがあり、同社は同大学の航空宇宙分野の講座や数多くの研究プロジェクトに出資しています。近年、成功裡に終了した同社のパイロット・プロジェクトでは、同社のCRJ 700/900航空機のセクションを越えた最終組立ラインの検証を実現しました。

 

NITC directorであるTom Edgarは、「本件は、Queen's University Belfast だけでなく経済活動の裾野の広がりのために重要なパートナーシップになります。これにより、学生、研究者、企業は、業界リーダー企業により開発された最新のPLMテクノロジーにアクセス可能になり、北アイルランドを革新的な経済に変換するために我々の努力をサポートしてくれるでしょう。また、本パートナーシップは、同大学のエンジニアリングにおけるカリキュラム開発を促進します。当大学の学部生および大学院生は、完全なプロダクト・ライフサイクルの知識を身につけながらマニュファクチャリングを通じてコンセプチュアル・デザインの専門性を得られるようになります。」と述べています。

 

ダッソー・システムズのWorldwide Academic Relations ManagerのPierre-Jacques Bauerは、「Queen's Universityは産業界と緊密なつながりを持つことで知られています。教育機関は、高度なPLMソリューションを利用してイノベーションを行いプロセスを最適化できる高いスキルを持つエンジニアを養成することで、国際的な場で企業が競争するために重要な役割を担います。本パートナーシップにより、ダッソー・システムズは、カリキュラムの中で最新のPLMツールとテクノロジーを学生に提供することに積極的に関与していきます。」と述べています。