Jul 08 2004

Dassault Syst

Dassault Systèmes がラティス・テクノロジーの 3D 軽量化技術を活用し XML をベースとした 3D オープン・スタンダードを確立

Tokyo, Japan and Paris, France – July 8, 2004 – Dassault Systèmes (NASDAQ: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)とラティス・テクノロジー株式会社は2004年7月8日、戦略的かつ長期的パートナーシップを締結したことを発表しました。この提携は、Dassault Systèmesがラティス・テクノロジーのXVLの軽量化技術とノウハウを活用、Dassault SystèmesのPLM (プロダクト・ライフサイクル・マネージメント) ソリューション群上で、普及を目指した 3D XML (Extensible Markup Language) オープンフォーマットを確立していくことを目的としています。

今回の提携により、ラティス・テクノロジーは CAA V5 ソフトウエア・コミュニティ・プログラム(SCP)ゴールド・パートナーとなり、また、Dassault SystèmesへXVLのコア技術をライセンスします。ラティス・テクノロジーは、さらに、技術者・非技術者を対象とした次世代テクニカル・ドキュメント作成アプリケーション群を開発および販売していきます。これらソリューション群は、新オープンフォーマットによりさらに強力になったDassault SystèmesのCAA V5(Component Application Architecture Version 5)をベースとしています。ユーザーはラティス・テクノロジーのアプリケーションを活用して、3Dの取扱説明書、パーツリスト、マーケティング資料、組み立て指示書、その他部品データベースなどの作成ができるようになります。

ラティス・テクノロジーの軽量化技術により、ユーザーは3Dインタラクティブ・ツールを活用し、3Dデータや、3Dイメージ、構成データ、テキストやグラフィックデータを単一ドキュメント上に統合し、インタラクティブな3D Webページやオフィス・ドキュメントを作成することができるようになります。これらアプリケーションを、SMARTEAMやENOVIAのデータベースへの接続させることもできるほか、単独で利用することも可能です。

3D XML for PLMを活用しユーザーは、XMLベースのフォーマット上で、V5の3Dデータの生成、共有が迅速かつ簡単にできるようになります。ラティス・テクノロジーの誇る、高度な3Dデータ軽量化技術と Dassault Systèmesの広範に渡るコラボレーティブ・ソリューション群により、生の3D情報のデータ変換フォーマットが実現されます。

Dassault Systèmesは、CATIA、DELMIA、ENOVIA、SMARTEAM、SolidWorksそしてSpatialを含む全てのPLMソリューション群において3D XMLフォーマットを採用していきます。CAA V5とSolidWorksのソフトウエア・パートナーはまた、この画期的なテクノロジーを活用していくことが可能になります。Dassault Systèmesは、この「Collaborative, Open 3D Standard for PLM」をまずバージョン5リリース14(V5R14)をベースに投入する予定ですが、その後のリリースにおいて、その他のDassault Systèmesグループ製品群にも拡張していきます。

トヨタ自動車株式会社の常務役員である天野吉和氏は、「Dassault Systèmesがラティス・テクノロジーと提携したことにより、パワフルな3Dデータ交換標準が確立されることになるだろう。トヨタ自動車、サプライヤー、パートナー、そして顧客企業とのコラボレーションを支援するV5の進化を強力に支持している。」と述べています。

ラティス・テクノロジーの代表取締役社長である鳥谷浩志氏は、「PLM関連業務、特に、テクニカル・ドキュメント分野において、超軽量な3D表現手法は非常に大きな意義をもっている。この分野での我々の製品群と豊富な経験に、Dassault Systèmesの画期的なV5インフラを融合すれば、顧客に対して最適なソリューションを提供できる」と述べています。

Dassault Systèmes のStrategy, R&D, executive vice presidentであるDominique Florackは、「ラティス・テクノロジーとのパートナーシップは、イノベーション、チームワーク、そして優れた技術に対する我々のコミットメントを示すものだ。3D XML for PLMにより全てのDassault Systèmesソリューションのユーザーは、グローバル、オープン、コラボレーティブ・3D環境を構築し、複雑な3Dデータの迅速な共有することが可能になる。」と述べています。

###