Oct 05 2005

急成長を遂げるPLM市場で、ダッソー・システムズとIBMがお客様の課題に応える付加価値サービスを提供

グローバルPLMソリューションの価値を最大化を目指し両社の戦略的パートナーシップをさらに強化

独、フランクフルトで開催されたECFにおいて10月5日付けで発表されたプレスリリースの日本語訳

 

IBM®とダッソー・システムズ (本社 仏 パリ、Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSYPA)は5日(現地時間)、PLM(プロダクト・ライフサイクル・マネージメント)を中心とするサービスに関する提携契約を新たに締結したと発表しました。これにより両社は、お客様がPLMを重要な要素とするオンデマンド・ビジネス・トランスフォーメーション(変革)の実現をさらに加速いただけるよう、協力体制を組んで支援いたします。IBMのコンサルティングおよびプロジェクト管理に関するスキルと、ダッソー・システムズのソフトウェア技術および専門知識の組み合わせにより、お客様に、今日の市場において比類のない最大の投資収益率(ROI)の機会を提供していきます。

 

IBMとダッソー・システムズは、約四半世紀にわたって絶えず進化を遂げ、成功裡なパートナーシップを築きあげ、大きな飛躍を実現しました。IBMグローバル・サービス部門のビジネス・コンサルティング・グループ(IBM IGS BCS)とダッソー・システムズ・サービス部門間で締結された今回の契約により、両社間の戦略的パートナーシップが強化され、急成長下にあるグローバルPLM市場における両社の業績拡大の加速を目指します。PLM市場における投資は、2009年までに8%増加し、250億ドルにまで拡大すると予想されています。

 

今回の提携契約により、両社はそれぞれの長所を活かした市場需要に即応したモデルを確立します。これにより、幅広いニーズに対応し、オープンで付加価値を伴うPLMソリューションとサービスを通じてROIの最大化を目指すお客様に、的確な回答をお届けします。また、両社におけるそれぞれの責任を明確に分担することで、PLMソリューション技術の世界的なリーダー企業であるダッソー・システムズは、IBMの「業界初」のプロジェクトの支援に注力し、革新技術における新境地を開拓し、将来的にさらに多くのお客様に対して新技術を展開することが可能となります。世界最大のコンサルティング・サービス企業であるIBM IGS BCSは、PLMソリューションのV5ポートフォリオ(CATIA、ENOVIA、DELMIA、SMARTEAM)、PLMのベストプラクティス、およびIBMとダッソー・システムズ両社の知的財産を基盤とするPLMプロジェクト展開の成功を導くためのコンサルティング・サービスを提供します。

 

IBM IGS BCS グローバル・インダストリアル・セクター担当マネージング・パートナーであるローリー・リード(Rory Read)は、次のように語っています。「今回の契約により、両社のPLMに関する経験と知的財産に基づく『統合ソリューション・オファリング』の取り組みを通じて私たちはさらに一歩前進し、お客様により大きな価値をご提供してまいります。この新たな段階に踏み込んだ提携で、お客様にPLMの価値をさらに効果的かつ充分に引き出し、IBMとダッソー・システムズのソフトウェアとサービスに関する膨大な経験を活用いただけるようになります。」

 

ダッソー・システムズのExecutive Vice PresidentであるBruno Latchagueは、次のように述べています。「今回の契約によって、IBMとダッソー・システムズはそれぞれの最も強みを持つ分野に集中し、これを共有することが可能になります。ダッソー・システムズは、世界をリードするサービス企業であるIBMグローバル・サービスの基幹業務運営と広範な事業活動を活用して、IGSのビジネス変革、変更管理、システム統合に関する知識を、強力なPLM価値創造モデルに組み込みます。同時にIBMは、ダッソー・システムズ・サービス部門の実証済みのスキルを活用します。こうして両社それぞれが恩恵を受けることとなるのです。」