May 05 2010

ダッソー・システムズとIBM、グローバル・アライアンスを拡大

新たに合意したアライアンスにより、グローバル・ファイナンシング、クラウド・コンピューティング、一体化したインダストリー・ソリューションおよびサービスで、イノベーションを加速

2010 年5 月5 日Las Vegas 発プレスリリース参考日本語訳

3DとPLM(プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)ソリューションにおけるワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)とIBM(NYSE: IBM)は本日、両社が長期的パートナーシップを拡大することを発表し、IBMのイベント、IMPACT 2010にて、IBMグローバル・ファイナンシングによるファイナンシング・ソリューション、共同コンピテンシー・センター、PLMクラウド・コンピューティングの概念実証の取り組み等、本グローバル・アライアンスによるこれまでの成果について紹介しました。

Bentley Motors LimitedのCAD strategy managerであるJohn Unsworth氏は次のように述べています。「Bentleyはソフトウエア、システム及びサービスに関し、ダッソー・システムズ及びIBMとの長期的にわたる関係を結んでおり、これにより弊社のBentley Mulsanneの開発におけるエンジニアリング設計及び製造のPLMプロセスを加速、改善し、2010年の生産開始を実現することができました。業界のベストプラクティスへの統合、チーム形成、そして活用することは、自給自足率を向上するためのナレッジおよびスキル継承とともに弊社の成功にとって大変重要です。Bentleyは、あらゆる事業活動において絶え間ない改善を追求し、プロセスの同時並行性をさらに進んだレベルで活かすことに熱心に取り組んでいます。ダッソー・システムズとIBMのソリューションとベスト・プラクティスは、それを達成するための要素となります。」


PLM業界で最も長期的なアライアンスを実現してきた両社は、今後も継続してお客様のPLM環境の開発、展開及びサポートへの投資を行います。先月合意されたアライアンスの成果としては、IBM IMPACT 2010カンファレンスで発表されたダッソー・システムズPLM V6ソフトウエアのクラウド・コンピューティングについての技術的な概念実証も含まれます。このコンセプトは、ダッソー・システムズのソフトウエアを、オンプレミス・ソリューション からクラウドに至る幅広い利用形態のオプションからどのように御客様がメリットを得られるのかを示しています。これらのIBMのソフトウエア、ハードウエア、サービスを備えたクラウドは、ITシステムの複雑性の緩和および運用コストの最小化を促進します。

このたびのアライアンス拡大により、お客様がビジネスを変革するために必要なPLMソリューションの機能の実現、マーケティング、ソリューション提供におけるIBMとダッソー・システムズの専任チームが発足しました。これに伴い、両社は、IBMのインフラ上にあるダッソー・システムズのPLM V6ソリューションの性能、信頼性、拡張性の最適化に注力する、業界初の共同PLMコンピテンシー・センターを設置しました。

ダッソー・システムズのGlobal Affairs、executive vice presidentであるPhilippe Forestierは次のように述べています。「我々のグローバル・アライアンスは、お客様の成功に向け直接フォーカスしていくものです。本アライアンスは、柔軟なファイナンシング・オプション、クラウドPLM、インフラ・ソフトウエア・サービスの混合ソリューション、さらにV6ソリューションをIBMのインフラ上で実用化するための独自のコンピテンシー・センターまで及びます。これらはすべて、お客様のイノベーションとビジネスを変革するという一つの目標を実現するためであり、大変重要です。本アライアンスにより、お客様には業界最高水準のソリューションとサービスを通じて、導入を成功させていただき、真の投資対効果を得ていただければ幸いです。」

IBMグローバル・ファイナンシング・ポートフォリオは、ダッソー・システムズとIBMのテクノロジーを組み合わせてご利用いただいているお客様のイノベーションを支援するために作られています。お客様のご予算、投資対効果、元金回収条件に応じた支払オプションを提供します。シンプルなローンからカスタム・リースまで、最長60ヶ月に渡り、IBMは手頃な月次レート及び柔軟な支払システムを提供することで、ハードウエア・ソフトウエア・サービスを含む、PLMのトータル・ソリューションのためのファイナンシングを提供します。

IBMとダッソー・システムズのコラボレーションは、両社が1981年に初めて提携し、その後、プロダクト・ライフサイクル・マネジメントのコンセプトを共同で構築し市場に広めて以来、PLM業界を牽引しています。ダッソー・システムズのPLMソリューションは、IBM WebSphere、Tivoli、Information Management、Lotus及びRationalソフトウエア、ならびにIBM systemsを活用し、製品のライフサイクル全体の3Dビジョンをお客様に提供します。コンセプト段階から、保守、リサイクルに至るまで、お客様の製品開発を複合ソリューションでサポートします。

IBMのDS Global Alliance、vice presidentであるChuck Masur氏は次のように述べています。「このアライアンスは、トランスフォーメーション・サービスに始まり、製品開発のグローバルな再構築に至る、全体ソリューションを業界毎に提供することにフォーカスしています。これは、お客様がダッソー・システムズとIBMの複合ソリューションで画期的な製品イノベーションを実現しながら、ビジネスを発展させる上でいかにPLMを活用し、サイクルタイムとコストを削減できるかという点について、長年共有された信頼に基づくビジョンなのです。」