Jul 16 2014

ダッソー・システムズ、シムパック社を買収

マルチボディシミュレーションのリーダー企業の買収により、 3Dエクスペリエンス・プラットフォームを拡張 先進的システムのエンドツーエンド開発を加速

3D エクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3D デジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は、本日、マルチボディシミュレーション技術およびソリューションのリーダー企業であるシムパック社(SIMPACK AG, ドイツ)の買収を発表しました。シムパック社の買収により、ダッソー・システムズのSIMULIAリアリスティック・マルチフィジックス・シミュレーション技術は、仮想コンセプト検証からリアルタイム・エクスペリエンスまで、マルチボディ・メカトロニクス・システム全体に及ぶものとなります。シムパック社は、エネルギー、自動車、鉄道などの各産業で、アルストム、ボンバルディア、BMW、ダイムラー、ホンダ、ジャガー・ランドローバー、MAN、Vestas など、130社以上の顧客を有しています。買収金額は非公開です。

ダッソー・システムズの社長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレスは次のように述べています。「今回のシムパック社の買収は、3Dエクスペリエンス・ プラットフォームを継続的に拡張するという現在進行中の戦略の一環となるものですが、(本買収は)これまでにない形で、当社のV+R (バーチャル+リアル)エクスペリエンス領域を拡充するものです。消費者は、自動車や航空機などほぼあらゆる製品に対し、より小型で、より安全で、より静かで、かつ燃費性能は向上することを期待しています。つまり、(これら製品の供給者である)企業は、単に制御や挙動、曲げ、ノイズといったすべての要素を考慮し設計することにとどまらず、それ以上のことをする必要があるということです。企業は製品をつくる過程で、(その製品に関わるすべての要素が生み出す)エクスペリエンスを知る必要があるのです」

シムパック社は、特に複雑なモデルの扱い、摩擦や柔軟な構造などの非線形性、効率的な数値アルゴリズム、リアルタイム機能などの技術力の高さで確固たるリーダーシップを誇る企業です。同社およびそのブランドは、幅広いアプリケーション向けに堅牢なソリューションを展開していることや、シミュレーションに関する知識を蓄積した従業員を有することから、高い品質を誇るものとして知られています。

シムパック社の創業者兼CEOであるAlex Eichberger氏は次のように述べています。「SIMPACKは市場シェアを拡大しつつあり、技術面、ビジネス面、運営面でダッソー・システムズとの相乗効果が出ることで、さらに強化されるでしょう。我々は常に、製品設計者や消費者に向けて、新製品の物理的なエクスペリエンスを、製品が量産化されるよりもはるか前に、提供してきました。両社はいずれも技術志向という同じようなカルチャーをもっており、また科学面での卓越性にも長期的視点をもって取り組んでいます。両社とそのテクノロジーが一体になることで、バーチャルでも物理的にも優れたエクスペリエンスを提供し、自動車・輸送機械、航空宇宙・防衛、その他の産業に向けて、インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを拡充できるでしょう」

シムパック社のSIMPACKテクノロジーが3Dエクスペリエンス・プラットフォームを強化することにより、ダッソー・システムズは、リアリスティック・マルチフィジクス・シミュレーション、アセンブリ用の高精度リアルタイム・メカトロニクス・シミュレーション、スマート・システムズの制御などを組み合わせた、エンドツーエンドの最先端システムの開発に必要な、先進的な統合ソリューションを供給できるようになります。

ダッソー・システムズはシムパック社を全額現金で買収するという最終契約を締結しました。買収取引は2014年7月10日に完了しました。

訳注:本資料は仏Dassault Systèmes による英文プレスリリースをダッソー・システムズ株式会社が日本語訳(抄訳)したものです。原文と本抄訳の差異に関しては、原文が優先致します。予めご了承下さい。

###