Sep 13 2013

ダッソー・システムズ、Safe Technology Limitedを買収

高度な耐久性シミュレーションで3Dエクスペリエンス・プラットフォームを強化

3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるDassault Systèmes (Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は本日、製品の耐久性を予測する疲労解析技術のリーディングカンパニーであるSafe Technology Ltd. の買収を発表しました。イギリスのシェフィールドに本社を置くSafe Technologyの買収は、ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームとそのリアリスティック・シミュレーション・アプリケーション「SIMULIA」を強化し、市場で最も完全かつ精度の高い耐久性予測シミュレーションのためのソリューションの提供を実現します。耐久性シミュレーションのアプリケーション群であるfe-safeの開発元であるSafe Technologyはゼネラル・モーターズ、キャタピラー、カミンズ、エマソン・クライメイト・テクノロジーズ、 HondaJet、ハーレーダビッドソンモーターカンパニー 、ヒュンダイモーターをはじめ、500社を超える顧客基盤を有しています。買収価格は非公表です。

 

ダッソー・システムズの社長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレスは次のように述べています。「消費者は正しく作られた製品、そして長く使用できる製品を求めています。製品の耐久性は、ブランドとその利用者の間の感情面でのつながりに大きな影響を及ぼします。3Dエクスペリエンス・プラットフォームは、企業が手掛けるビジネスや提供する製品に対するブランドロイヤリティの構築をその使命としています。だからこそSafe Technologyがダッソー・システムズの事業目的に合致するのです。高度な疲労・耐久性解析のためのソフトウェア・ソリューションは製品設計プロセスにおいて大変重要な役割を果たします。Safe Technologyにより、ダッソー・システムズのSIMULIAが提供するスピーディかつ正確な製品寿命予測やシミュレーションのための構造解析機能がさらに強化されるでしょう。」

 

Safe Technologyのファウンダー兼最高経営責任者であるJohn Draper氏は次のように述べています。「Safe Technologyは過去15年以上にわたりダッソー・システムズと協業し、SIMULIAアプリケーションとの連携を進め、その中で現在我々がグローバルな顧客企業に提供している最先端テクノロジーを開発してきました。弊社はダッソー・システムズのビジネス戦略や理念との大きな相乗効果を享受し、同社のオペレーションに加わることを光栄に思います。ダッソー・システムズは引き続きfe-safeを疲労解析の最先端技術として位置づけるとともに、各種の高度なFEAソルバーをサポートするオープンソリューションの提供にも積極的です。製品開発の加速、設計者向けソフトウェアツールへの疲労解析ソリューションの統合、質の高いグローバルなサポートネットワークは弊社の成長戦略にとって大変重要な意味を持っており、ダッソー・システムズおよびSIMULIAチームの一員となることで、これらの三つの要素の全てを実現するための力を強化します。」

 

ダッソー・システムズはSafe Technologyとの買収に関する最終契約を締結し、本契約により同社を全額現金取引にて買収しました。本取引は201387日に完了しました。