Mar 21 2002

CATIA V5:“Designed For Windows XP"ロゴを取得

フラッグシップ3D PLMソリューション、
Windowsインテグレーションにおける高い栄誉を獲得

 

Suresnes (France), March 21, 2002 - Dassault Systemes (Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY. PA)は2002年3月21日、リーディング3D PLMソリューションのベースである次世代アーキテクチャーV5のCATIAが“Designed for Microsoft Windows XP"ロゴを取得したことを発表しました。Dassault SystemesとMicrosoftのテクノロジー分野における強力なパートナーシップの結果となる今回の発表は、CATIA V5をフルレンジ(全119製品を含む)を最新のMicrosoft Windowsプラットフォーム上で提供するというDassault Systemesのコミットメントを示します。<br/>

 

 

"Designed for Microsoft Windows XP"ロゴの取得は、Windows XPのベータ版段階からDassault Systemesの研究開発ラボチームによる厳密な互換性テストが進められてきた成果です。この検証プロセスにおいては、COMPAQが同社のTechnical Resource Centerを通じてDassault Systemesに広範囲なテクニカルサポートを用意するなど、Windows XPへのポーティング作業が加速しました。 <br/>

 

 

"Designed for Windows XP"ロゴは、CATIA V5と他のソフトウエア間の高度なインテグレーションおよび連携を保証します。CATIA V5のユニークなユーザーインターフェースとWindows XPの使い易さによるコンビネーションは、設計者やエンジニアにとって、単一プラットフォーム内で、複数アプリケーションの生産性強化を支援します。Smart tagsやTask Pane、またWeb環境との密接な統合などWindows XP下で利用できる革新的な技術は、著しい効率化および作業生産性の向上をもたらします。Furthermore, not only will CATIA V5 users be able to access new Windows XP functionalities, but they will also benefit from Windows XP's stability, flexibility, robustness and security. <br/>

 

 

Dassault SystemesのPresidentであるBernard Charlèsは、「CATIA V5とWindows XPのコンビネーションは、プロセスセントリックな設計オートメーションと設計者の生産性において新たなベンチマークを確立する。

これは、最もイノベーティブで直感的なソリューションを製造業界に提供することを目的としたMicrosoftと我々の密接なパートナーシップの強化を実証する。」<br/>

と述べています。