レノボ、CATIA V5へのアップグレードで成果

"/> レノボ、CATIA V5へのアップグレードで成果

"/>
Sep 27 2005

CATIA V5、先進的な設計・解析機能によりThinkPad Z60ノートブックPCの迅速な市場投入を支援

レノボ、CATIA V5へのアップグレードで成果

仏パリで2005年9月27日に発表されたプレスリリースの参考日本語訳

 

ダッソー・システムズ(本社 仏パリ DS - Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA、以下ダッソー・システムズ)は、レノボ社初のワイド画面ノートブックPCであるThinkPad Z60の設計にCATIA V5が貢献したことを発表しました。ThinkPad Z60のボディには、耐衝撃性に優れた「ロール・ケージ」技術が採用されています。CATIA V5は、ボーイング、エアバス、トヨタ、ダイムラー・クライスラーなど大手グローバル企業各社に採用されているソフトウエアです。

 

ThinkPadの開発チームは数年前からシステム設計プロセスにCATIAを利用してきました。CATIA V5の設計・解析機能はThinkPad Z60の開発を支え、市場投入までの期間短縮を実現しました。

 

ThinkPad Z60は、ワイヤレスWAN技術を搭載した初のワイド画面マルチメディアノートPCで、業務、パーソナル用途にノートブックPCを兼用するモバイルユーザーおよびビジネスユーザーを対象としています。ThinkPad Z60tは厚さ1.1インチ(約2.8センチメートル)、重さ4.2ポンド(約1.9キログラム)で、14インチのワイド画面を備え、同クラスのワイド画面ノートブックPCの中では最薄・最軽量です。Z60tは通常の14インチ画面に比べて幅が25%広いワイドスクリーンを採用し、表計算ソフトを4コラム多く表示できるほか、複数のアプリケーションを同時に使用することが多いビジネスユーザーの作業効率を向上します。

 

ThinkPad Z60には、「ロール・ケージ」と呼ばれる新しい内部保護フレームも装備されています。これは落下時に内部装置への衝撃を軽減するもので、ハードドライブほかの内部コンポーネントはすべてマグネシウム製の一体型ケージに装着されるため、従来型のケースと比較し使いやすさはそのままに保護性能が向上します。レノボ社のThinkVantageテクノロジーの一環をなすアクティブ・プロテクション・システムと同ロール・ケージの併用により、破損・修理コストのリスクが大幅に軽減されます。

 

CEO, LenovoであるSteve Ward氏は「当社はお客様の生産性を高めるイノベーションの提供に焦点を合わせ、ロール・ケージ技術を採用した初のThinkPadを生み出しました。ロール・ケージはあらゆる角度での衝突から本体を保護し、落下時の衝撃も吸収するよう設計されています。新しいThinkPad Z60に求められる高い設計精度を実現できたのは、CATIA V5の設計・解析機能のおかげです」と述べています。

 

CEO, ENOVIA and general manager, PLM Americas, Dassault SystèmesであるJoel Lemkeは、「レノボ社がCATIA V5を採用し成功を収めたことで、CATIA製品の優位性があらためて確認されました。業界をリードする革新的なソフトウェアを使って設計されたThinkPad Z60は堅牢で信頼性が高く、重要なデータをしっかりと保護しユーザーに安心感をもたらします」と述べています。