May 08 2012

ダッソー・システムズとハーバード大学、
教育・研究分野における没入型バーチャル・リアリティの活用で連携

ハーバード大学エジプト学専攻の授業で
インタラクティブな没入型マルチプラットフォームの3Dエクスペリエンスを活用
 

2012年5月8日米マサチューセッツ州・ウォルサムおよびマサチューセッツ州ケンブリッジ発プレスリリース 日本語参考訳 — 3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウェア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)とハーバード大学は同日、教育と研究分野における没入型バーチャル・リアリティとインタラクティブ3Dを活用するプロジェクトを発表しました。

ハーバード大学エジプト学専攻の学生に向けた同プロジェクトでは、没入型3Dを使って仮想空間上にギザ高原を再現し、それをリアルタイムで体験する、という革新的な授業が行われます。この仮想空間は、同大学とボストン美術館の合同調査隊が20世紀前半にエジプトで収集した実際の考古学データをもとに構築されます。

ハーバード大学、エジプト学のPhilip J. King 教授の研究室に所属するPeter Der Manuelian氏は、没入型3Dエクスペリエンスを活用し、仮想空間上に再現されたギザ高原そのものに学生を「移動」させるという先進的な方法で、古代エジプトの歴史や考古学を教えます。Der Manuelian氏は次のように述べています。「バーチャル環境により、まったく新しいアプローチでエジプト文明を学ぶことができます。このプロジェクトを通じ、学生達はかつてなかった方法でギザのデータの視覚化、更新、統合ができるようになりました。」

ハーバード大学地球惑星科学専攻のJohn Shaw教授も次のように述べています。「学生たちの学習プロセスは、主に教授がリードするものから、学生自身が(仮想)環境に入り込み、率先して対話や討論を重ねていくスタイルへと変化しました。今回のプロジェクトで使用しているテクノロジーにより、研究者は歴史認識を具現化し、科学的見地に基づいた解釈を学生に提示できるようになります。」

ギザ高原をバーチャルに再現するプロジェクトは、ダッソー・システムズとボストン美術館のコラボレーションによって始まりました。

学生は、3Dエクスペリエンスのオンラインバージョンを使い、授業以外でもバーチャル環境の活用範囲を広げることができます。(2012年5月8日付けプレスリリース「ダッソー・システムズ、3Dエクスペリエンス・プラットフォームでギザのネクロポリスを再現」を参照ください。)
 
ダッソー・システムズのインダストリー担当、エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるモニカ・メンギーニ(Monica Menghini)は次のように述べています。「これまで、没入型バーチャル・リアリティは、主に産業界の企業のお客様にご利用いただいてきました。当社では、これらのテクノロジーを教育や研究分野にも活用することで、より優れた「エクスペリエンス」を提供し、調査研究を促進することを目指します。」

###