Jul 07 2014

BNP Paribas Securities Services社がダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・ビジネス・プラットフォームを採用

金融業界向けインダストリー・ソリューション・エクスペリエンス 「イノベーション・ファクトリー」で商品管理機能を強化し、 開発スピードを向上

2014 年 6 月 17 日仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発プレスリリース 日本語参考訳 —3D エクスペリエンス企業であり、3D 設計ソフトウェア、3D デジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は、BNP Paribas Securities Services社が、商品管理機能を強化し開発スピードを向上するため、ダッソー・システムズの3Dエクスペリエンス・プラットフォームと「イノベーション・ファクトリー」インダストリー・ソリューション・エクスペリエンスを採用したことを発表しました。

BNP Paribas Securities Services社の各部門は、3Dエクスペリエンス・プラットフォーム上で、商品の構想段階から発売に至るまでの開発情報が集約された専用のプロダクト・ライフサイクル・マネジメント・ソリューションにアクセスできます。これにより、同社は複数のローカル部門間で情報をデジタルベースで共有し、最終的にプロダクト・ライフサイクル・マネジメントの効率を高め、新しい金融商品を開発してから市場に投入するまでの期間を短縮できるようになります。

BNP Paribas Securities Services社のプロダクト・ライフサイクル・マネジメントの責任者であるSébastien Messean氏は次のように述べています。「3Dエクスペリエンス・プラットフォームを、どの金融サービス機関よりも早く当社が採用できたことを嬉しく思います。他の業界で圧倒的な成果が実証されてきた製品開発のためのこの新しいアプローチを採用するメリットは大きいでしょう。当社の複数のローカル部門間の情報共有を効率化し、業務プロセスの合理化を促すことができます。本プラットフォームの採用により、商品の市場投入までの期間を20%短縮できると見込んでいますが、これは早いスピードで変化し続けるこの業界において大変重要なことです。これによって我々は最終的に市場の変化を先取りし、当社のお客様にもその恩恵を享受していただきたいと考えています。」

ダッソー・システムズのコーポレート・ストラテジー、インダストリーおよびマーケティング担当、エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるモニカ・メンギニは次のように述べています。「金融機関は、複雑化が進み、グローバルな規制も厳しいビジネス環境において個々の競争力を高めるべく、プロセス全体の生産性向上に取り組んでいます。3Dエクスペリエンス・プラットフォームは、生産性を向上させる全く新しいアプローチを、金融業界に提供します。」

ダッソー・システムズの金融・ビジネスサービス業界担当、バイス・プレジデントであるKevin Pleiterは次のように述べています。「イノベーション・ファクトリーは、当社が30年以上にわたり培ってきたデータ管理、コラボレーションおよびソーシャル・インテリジェンス・アプリケーションに関するノウハウが盛り込まれています。金融機関ではその場しのぎの手作業が生じがちですが、3Dエクスペリエンス・ビジネス・プラットフォームの機能と金融業界のベスト・プラクティスを融合することで、こうした手作業を自動化プロセスへと転換できます。」

BNP Paribas Securities Services社は、ダッソー・システムズの実証されたプロダクト・ライフサイクル・マネジメントおよびコラボレーション・テクノロジーを同社の資産およびファンドサービス、決済および証券代行サービス、法人信託サービス、市場および金融サービスをはじめとする事業分野全体で採用します。

詳細については こちら をご覧ください。

###