Oct 25 2005

大手自動車メーカーが衝突シミュレーションにABAQUSソフトウエアを採用

4年間の技術協力が結実、自動車設計テクノロジーを大幅にシフト

米ロードアイランド州プロビデンスで2005年10月25日に発表されたプレスリリースの日本語訳

 

ダッソー・システムズ(本社 仏パリ DS - Nasdaq: DASTY; Euronext Paris: #13065, DSY.PA)・グループのABAQUS, Inc.は、BMWグループが全車両の衝突安全性シミュレーションの基盤にABAQUSのソフトウエアを採用したことを発表しました。ABAQUSは高度な有限要素解析ソフトウエア、技術、サービスを提供するトップ企業で、ダッソー・システムズのリアルなシミュレーション技術の新ブランドSIMULIAを支えています。導入決定に先立ち、両社は4年間にわたって集中的な技術提携を行い、ABAQUSのソフトウエアにBMWの求める高い精度と堅牢性を持たせるよう協力してきました。

 

BMWグループでは1986年からABAQUSのソフトウエアを利用しています。エンジン開発を皮切りに適用範囲を広げ、現在ではエンジン、シャシ、ボディ・イン・ホワイトの設計まで幅広いシミュレーション・ニーズをカバーしています。ABAQUSは複雑な素材のビヘイビアを正確にモデリングして、自動車部品やシステムの重要な物理的レスポンスを把握することができ、しかもソフトウエアの安定性が高いことから、BMWは2001年、衝突安全性シミュレーションにABAQUSを採用するための調査プロジェクトを正式に発足させました。

 

同ソフトウエアは2004年9月から使用されており、すでにBMWの衝突シミュレーション・プロセスの改善に具体的な成果を上げ、とりわけBMWグループが要求する精度、堅牢性、信頼性の面で大きな改善をもたらしています。これらの目ざましい成功を経て、BMWはすべての衝突安全性シミュレーションにABAQUSソフトウエアを採用し、共同開発プログラムも継続することを決定しています。

 

「今回の決定は、ABAQUSの開発チームとBMWのエンジニアが緊密に協力し、衝突安全性シミュレーションの予測性を大幅に改善したことを証明しています。ABAQUSのソフトウエアが自動車産業の高精度シミュレーションの標準となるよう、今後もBMWグループをはじめとするお客様と継続的に協力していく考えです」とCEO of SIMILIAであるMark Goldsteinは述べています。

 

車両衝突安全性の確保は、自動車メーカーにとって重要な規制上の課題の1つです。米運輸省の道路交通安全局は連邦自動車安全基準(FMVSS)を定め、新型車評価プログラム(U.S. NCAP)を通じて衝突テストを実施し、車両の衝突評価を消費者に公表しています。EUでは欧州委員会の定めたガイドラインに従って、EuroNCAPが車両衝突安全性能の評価を実施しています。