Mar 17 2009

ダッソー・システムズ、3Dアプリケーション及びゲーム開発を加速する3DVIA Virtools 5を発表

ゲームデベロッパーズカンファレンス(GDC) 2009において
強力なミドルウエアプラットフォームの新リリースを披露

米マサチューセッツ州コンコード、仏パリ発

2009年3月17日付発表のプレスリリース参考日本語訳

 

3DとPLM (プロダクト・ライフサイクル・マネジメント)ソリューションにおけるワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(本社:仏ベリジー、Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、迅速なゲームプロトタイピング及び3Dアプリケーション開発用の3Dエンジン、「3DVIA Virtools 5」の最新リリースを発表しました。新しい3DVIA Virtools 5では強化された機能により開発プロセスを大幅に簡素化し、高品質な3Dプロジェクトをかつてない短期間で実現することが可能になります。

3DVIA Virtools 5の新機能はさまざまな方法で開発プロセスを加速しますが、その中でも最も重要な機能強化は、DCCソフトウエアから3Dエンジン開発への迅速かつ容易な移行です。モデリングやアニメーションアプリケーションで作成されたキャラクターアニメーションは、通常は開発プラットフォーム上での数時間にも及ぶ再生・加工作業が必要になります。この作業にかかる手間と費用を、3DVIA Virtools 5で新たに追加されたアドバンスド・ブレンドシェイプ機能で解消する事ができます。この機能により、開発者はこれまで必要とされていたゲームおよびアプリケーション開発に伴うリワーク作業をすることなく、簡単にキャラクターアニメーションを直接プロジェクトへインポートする事が可能となります。

ダッソー・システムズの3DVIA Electronic Entertainment担当Vice PresidentのVirgile Delporteは、次のように述べています。「今回、3DVIA Virtools製品群の大幅な機能強化を発表できることを、大変喜ばしく思います。Lua言語やブレンドシェイプのサポートといった機能追加によって、ゲームならびに3Dアプリケーションの開発者は、ライフライクなリアルタイム3Dアプリケーションを品質を損なうことなく迅速に作成することができます。」

3DVIA Virtools 5では、Virtools Scripting Language (VSL)にLua言語のサポートが追加され、より多くの開発者が利用できるツールとなりました。さらに、ユーザーは3DVIA Virtools 5上での大規模なLua ビヘイビア・ライブラリにオンラインでアクセスすることができます。また、3DVIA Virtools 5では使い易さが向上し、オブジェクト操作が容易になったほか、プロフェッショナル品質の3Dアセットの新しいライブラリが追加されました。

Little Chicken Game CompanyのCEOであるMichiel Sala氏は、次のように述べています。「3DVIA Virtoolsの新機能によって、当社では製品サイクルを数ヶ月短縮することができました。従来120日以上かかっていたゲーム製作の作業が、現在ではたった60日間で行えるようになりました。」

3DVIA Virtools 5は2009年3月25日から27日まで米国サンフランシスコで開催される「GDC:ゲームデベロッパーズカンファレンス(ノースホール、ブースナンバー:5738)」で展示されます。また同カンファレンスでは、AAAゲーム開発用の次世代ビジュアライゼーション・エンジンである「3DVIA MP」、ならびに3Dアーティストやマニアのオンラインコミュニティおよびゲームのコンセプトやモデルの共有リソースとして利用されている「3DVIA.com」もご紹介する予定です。
 
3DVIAテクノロジーに関する詳細は、以下のサイトをご覧下さい。
http://www.3dvia.com/fast3d (英語)

 

 

 

###