Nov 21 2012

ダッソー・システムズ、3Dエクスペリエンス・プラットフォームの最新版リリースとなる「V6リリース2013x」を発表

各種アプリケーションを強化、インダストリー・ソリューションも拡充

2012年11月21日 仏ヴェリジー=ヴィラクブレー発 プレスリリース 日本語訳 - 3Dエクスペリエンス企業であり、3D設計ソフトウエア、3Dデジタル・モックアップ、そしてプロダクト・ライフサイクル・マネジメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ (Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は本日、同社の3Dエクスペリエンス・プラットフォームの最新版となるV6リリース2013xを発表しました。V6リリース2013xには、ダッソー・システムズのシミュレーション・ライフサイクル・マネージメント(SLM)、ビッグデータへのアクセス、複合材料を使った設計、サプライヤーとの情報共有ワークプレースへのセキュア・アクセス、STEP注1新規格への対応等が含まれています。また、今回のリリースではパッケージ製品、エネルギー、航空宇宙・防衛、自動車・輸送機械、船舶・海洋、ハイテクなど、各産業に特化したインダストリー・エクスペリエンスも提供されます。 

新リリース「V6リリース2013x」の特長は次の通りです。

  • シミュレーション・ライフサイクル・マネージメント・アプリケーション(SLM)
    SLMは、シミュレーション・データの管理、実験データとシミュレーション結果の共有を通じて、協調的な意思決定プロセスを改善し、シミュレーションにおけるROI(投資対効果)の最大化を実現します。本アプリケーションは、当社の航空宇宙・防衛、自動車・輸送機械、パッケージ製品業界の多くの顧客との広範囲にわたる協力関係を通じて開発されました。
  • オープン性を強化する新機能
    ・ビッグデータへのアクセス性を向上
    : Hadoop HDFSコネクタの追加、WebSphereコネクタとSharePointコネクタのパフォーマンス向上、データ検索・探索・分析用のナビゲーションや表示に関する各種新機能を拡充

    STEP AP242規格に準拠: STEP AP242は、自動車産業や航空宇宙産業の標準規格の一つ。同規格への準拠により、ISO標準であるBREP 注2やテッセレーション・データのエクスポートとインポートに対応し、3Dマスタープロセスの採用に向けた技術情報の活用、やり取り、表示を実現

    ・サプライヤーとの情報共有ワークスペースへのアクセスにおけるセキュリティ強化
  • CATIA V6を機能拡張
    ・CATIA V6でオンライン、オフライン・モードの切り替えが容易になりました。インターネット接続が利用できない場合、設計者は1クリックでIP(知的財産)を保護し、データの整合性を維持できます。たとえばオフライン・モードに入る前に、設計者は変更対象としている部品を予約、ボタンを押し、自分の端末にダウンロードします。対象となる部品の設計変更は、オンラインモードに戻した時に再同期され、設計者は他のメンバーとの協同作業を再開できます。

    新しい複合材料のファイバー・シミュレーション機能:プライ形状を最適化し、複合材を使った精度の高い製造を実現します。昨年買収したSimulayt社のテクノロジーに基づくこの機能は、特に航空宇宙、モータースポーツ、エネルギー各分野において複雑なサーフェスの解析等によく使用されます。

ダッソー・システムズのR&D担当シニア・エグゼクティブ・バイス・プレジデントであるDominique Florackは以下のように述べています。「今回の3Dエクスペリエンス・プラットフォームの新リリースは、プラットフォームのオープン性を強化しつつ、最先端のアプリケーションを追求し具現化するという、当社のコミットメントを表すものです。各リリースこそが、当社がお客様の各種要件を考慮し、何よりもお客様の経営目標を意識しているということの証拠です。」


インダストリー・エクスペリエンスの機能拡張:

  • エネルギー航空宇宙・防衛自動車・輸送機械産業機械の各インダストリー(産業)向けにシステムが強化されました。エンジン、電気、油圧、液体冷却、火力の挙動をシミュレーション、解析する5つの専用モデル・ライブラリも追加されています。V6R2013xのもう1つの特長として、要件に有効条件が設定できるようになり、複数のバリアント案の検討、決定がサポートされるようになりました。それにより、例えば、ハイテク業界においては、市場ニーズに素早く反応できるようになります。
  • パッケージ業界ライフサイエンス業界向けに、製品コピーおよびアートワーク管理機能が追加されました。プロダクト・マネージャやマーケティング担当者は、製品開発時に使用していたデータを活用し、各製品のコピーやアートワーク・コンテンツを定義、レビュー、承認できます。
  • 小売り計画やブランド・マーチャンダイジングのシミュレーションを行えるプレミア・ソリューションである「3DVIAストア」で、ビジネス・データへのアクセス性、生産性が向上しました。 例えば、3D化された陳列棚上の商品を、主要なビジネス指標に基づき、ハイライト表示できます。関連する統計情報を参照できることで、マーチャンダイジングにおける意思決定が大きく一歩前進します。
  • 船舶・海洋業界向けの新しい建造計画用アプリケーションは、3Dエクスペリエンスを活用したあらゆる造船・建造ソリューションの基礎となり、建造工程計画、大規模建造物における組立定義を実行する専用環境を提供します。
  • 自動車・輸送機械業界向けには、DELMIAアプリケーションの車両設計向け新規エルゴノミクス機能を活用したバーチャル3Dマネキンによる姿勢予測機能も搭載されています。

V6リリース2013xの新機能、強化機能の詳細については、www.3ds.com/products/v6/latest-release (英語)をあわせてご参照ください。

注1 STEP: STandard for the Exchange of Product model dataの略称。正式には国際標準規格ISO10303を指す。
注2 BREP: Boundary REPresentation の略。境界表現。

###