May 11 2011

ダッソー・システムズ、無償2D CADソフトウエアDraftSight正式配布版とサポートパッケージを発表

80万件以上のダウンロード

3Dとプロダクト・ライフサイクル・マネージメント(PLM)ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA)は、CADのプロフェッショナル・ユーザー、学生、教育関係者向けの無償2D CADソフトウエア、DraftSightのWindows対応版の正式配布版(日本語版)とサポートパッケージを発表しました。DraftSightパブリックベータ版が 2010年6月に公開されて以来、現在までに累計80万人以上のユーザーがダウンロードしています。本日発表するWindows対応版では、ベータ版ユーザーからのフィードバックをもとに多くの主要な機能拡張・更新が行われています。尚、正式配布版(日本語版)は次のURLよりダウンロード可能です。http://www.draftsight.com/jp
 
DraftSightでは、ユーザーは DWGファイルを作成、編集、閲覧することができます。Windows XP、Windows Vista、Windows 7など複数のOSに対応しています(現在Mac OS, Linuxはベータ版のみ)。
昨年発表されたDraftSightパブリックベータ版のリリースと同時に、ダッソー・システムズではオープンなオンライン・コミュニティを提供開始しています。DraftSightコミュニティは、ダッソー・システムズのオンライン・コラボレーションおよびソーシャル・イノベーションのためのプラットフォーム、SwYmをベースにしています(※)。同コミュニティ・サイトでは、サポートやトレーニングについての情報を提供しているほか、ユーザー同士で質問、意見交換など様々なやりとりができる環境が用意されています(現在は英語対応のみ)。DraftSightコミュニティはエンジニア、デザイナー、アーキテクトのために設計された最初のソーシャル・ネットワークの1つです。同コミュニティから得たベータ版ユーザーのフィードバックに基づいてDraftSight Windows対応版では機能拡張・更新が行われています。

ダッソー・システムズのDraftSight担当シニア・ディレクターのAaron Kellyは次のように述べています。「DraftSightは2010年6月のパブリックベータ版発表以来、CADコミュニティやエンジニア・コミュニティから圧倒的な支持をいただいています。同製品には、ベータ版検証段階に実施された多くの機能拡張を含め、多くの時間を費やして改良が行われています。パブリックベータ版ユーザーの皆様からいただいた貴重なフィードバックにより改善すべき点を特定することができ、それらの点がWindows対応版製品リリースでは改善されています。さらに、このたびのリリースでは全体的なパフォーマンスが改善され、操作性が向上しています。ユーザーの皆様がどのような製品を望まれているのか、積極的にご意見をいただくことは、今後も同製品の開発を進めていく上で非常に重要です。」

以下は、DraftSight 対応正式配布版における具体的な更新内容の一部です。

  • APIサポート(有償にて提供) – C++ およびその他のサポート対象言語による、DraftSight へのアドオン・プログラム作成が可能です。
  • ヘルプ・ファイルの多言語対応 – 英語、ドイツ語、フランス語、日本語、簡体字中国語、繁体字中国語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、トルコ語、韓国語、ポーランド語、ロシア語、チェコ語に対応しています。
  • コマンド変数の機能拡張 – システム変数をコマンドラインから直接設定、変更可能です。


また、DraftSightユーザー向けには、様々なサポート・オプションをご用意しています。サポートの種類には、コミュニティ・サイトから得られる無償サポートのほか、有償サポートとして「DraftSight Premium Pack」があり、「DraftSight Premium Pack」では電話および電子メールによるサポートのほか、ネットワーク・ライセンス、DraftSight APIへのアクセスが提供されます。また、教育関係者向けの有償サービスには、特別に設計された教育プレミアム・サービス「DraftSight Premium Pack for Education」として、カリキュラム教材、ネットワークライセンス、電話、電子メール・サポートを含む「DraftSight Premium for Education Classroom Pack」、 「Campus Pack」などが用意されています。

South Central Louisiana Technical College の講師である、Thomas Mewerter氏は次のように述べています。「これまで講師として作図を教えており、その後学生が自分で学習が進められるツールを提供するようにしてきました。DraftSightは互換性の高い構造を持ちDWGファイルを操作できるので、学生が自由に製品を無償ダウンロードして教室の外でも学習を続けることができます。」

詳細については次のURLをご参照ください。
http://www.draftsight.com/jp  
FacebookおよびツイッターのDraftSightページ(英語)も合わせてご覧ください。


※SwYmを活用したコミュニティには、リッチ・プロファイル、ブログ、マイクロ・ブログ、iQuestions、ウィキ、メディア(データ、音声、ビデオ、3Dデータなど)を共有するスペースや、ステータス更新など、優れたWeb 2.0の特長が盛り込まれています。さらにユーザー体験を最適化し、ユーザー間のコラボレーションを加速、促進するために統合されたレイアウトが組み込まれているところが特筆すべき点です。

※日本における有償サポートの提供開始は5月中を予定しています。