May 11 2011

世界的なファッション・ブランドのベネトン・グループ、製品開発や資材調達の更なる効率化に向け、ダッソー・システムズのV6ソリューションを採用

2011年5月10日、仏ベリジー/伊トレビソ発プレスリリース 日本語参考訳 — 3Dとプロダクト・ライフサイクル・マネージメント (PLM) ソリューションにおける世界的リーダーであるダッソー・システムズ(Euronext Paris: #13065, DSY.PA) は同日、ベネトン・グループがグローバルに展開する製品開発および資材調達用のプラットフォームに、ダッソー・システムズのV6 PLMソリューションを採用したことを発表しました。数ある大手PLMベンダー各社との詳細におよぶ比較検討の後、ダッソー・システムズがベネトン・グループに選定された要因は、ダッソー・システムズが提案するエンド・トゥ・エンドのPLM ソリューションの高度な機能群、同社のパートナー企業の幅広さと質の高さ、ならびにファッション業界のイノベーションを加速させるべく、長期にわたって注力してきた取り組みとその実績が高く評価された結果です。
 
ベネトン社は今後、ENOVIA V6による専門領域別の高度なアパレル・デザインや生産支援能力ならびに業界最高レベルのグローバルな資材調達管理システム、グローバルな協業環境を活用し、以下を実現することができます。

  • 多彩な製品ポートフォリオの管理
  • 複雑な製品ラインの統合・整備
  • 資材調達業務の最適化
  • リードタイムの短縮
  • グローバルなコラボレーションの強化
  • 社内外のエコシステムとクリエイティブ性と実践的な生産業務の連携


ダッソー・システムズの社長兼最高経営責任者であるベルナール・シャーレス(Bernard Charlès)は、ベネトン社の今回の決定について次のように述べています。「ベネトン・グループは、イノベーションに対する強いコミットメントと情熱で知られる大企業です。ファッション・ブランドは、そのブランドの製品を販売するリテーラーや資材を提供するサプライヤーと共に、真の競争優位を確立できるようになるには、製品開発や製品用資材の調達における社内外の各チーム間の連携をこれまで以上に効率化し、移り変わりの早い消費者の嗜好や市場のトレンドに即応し、新製品の市場投入スピードを加速させる必要に迫られています。」
 
ベネトン社のアレッサンドロ・ベネトン上級副会長(Alessandro Benetton, Executive Vice-Chairman of Benetton)は次のようにコメントしています。「ベネトン・グループは二つの目標を掲げています。グローバルな資材調達の推進のもと、業界をリードする上質なファッションを提供し続けること、そして、エコデザインの品質向上を支援し、持続可能な開発サイクル全般を支える、グローバル・プラットフォームを構築することです。こうしたベネトン・グループのビジョンを共有できるダッソー・システムズとなら、競争が熾烈を極める世界のファッション市場で直面する様々な難問・難題を克服するための長期的な協力関係を築けると判断しました。」
 
ベネトン社の製造や物流組織は「network of skills:技能のネットワーク」に依存しています。同社がファッション業界で長年にわたって築き上げてきたノウハウを、世界中で利用可能な生産に関する専門知識へと展開、活用しています。同社の広範な総合生産システムは、独自の製法や生産能力に裏打ちされた高度な製造技術に基づいています。同社はイタリア、東欧、チュニジアとインドに製造拠点を構えていますが、中でも特にクロアチアとチュニジアの生産施設は最近、原材料から最終製品にまで至る生産サイクル全般に対応し、ベネトン・グループの厳格な品質基準に完全に適合できるよう、増強されました。

ベネトン社はENOVIA V6を企画・デザイン、開発、調達、製造の各プロセスに活用することにより、設計から納品まで網羅する全ビジネス・プロセスを以下の点において強化することができます。
 

  • 多様性に富んだ複合生産環境を極めて柔軟にサポートできるようになります。
  • グローバル資材調達管理を効果的に実施するためプロジェクトでのコラボレーションを推進します。
  • 最終製品の外注先の多角化を円滑に進めることができるようになります。