バーチャル・ガレージ

宣伝用バーチャル・ガレージを使用すると、対象購買者の共感を呼ぶ、コンピュータで生成した魅力的な製品やブランドの画像やビデオを作成することができます。既存のCADデータを活用して、実物そっくりのバーチャル製品や製品のバリエーションを作成し、マーケティング活動の促進と先行予約数の増加を実現できます。 「エクスペリエンス時代」におけるお客様は、自分だけの独自の製品エクスペリエンスを探し求めています。宣伝用バーチャル・ガレージでは、製品とブランド属性に関連する説得力のある一貫したストーリーを伝えることで、対象購買者とのつながりを築くことができます。

広告用バーチャル・ガレージ

ブランドと製品エクスペリエンスを持続させるイメージとストーリーテリング

無数のビジュアルがあふれている現在の環境では、真に優れた画像だけが消費者の想像力をつかむことができます。

広告用バーチャル・ガレージを使用すると、対象購買者の共感を呼ぶ、コンピュータで生成した魅力的な製品やブランドの画像やビデオを作成することができます。既存のCADデータを活用して、実物そっくりのバーチャル製品や製品のバリエーションを作成し、マーケティング活動を促進と先行予約数の増加を実現できます。

「エクスペリエンス時代」におけるお客様は、自分だけの独自の製品エクスペリエンスを探し求めています。 広告用バーチャル・ガレージでは、製品とブランド属性に関連する説得力のある一貫したストーリーを伝えることで、対象購買者とのつながりを築くことができます。

カスタマイズされたグローバルおよび地域向けキャンペーン・コンテンツを作成
お客様の購入意欲高める、視覚的に魅力あるパーソナライズ化された3Dバーチャル製品コンテンツを簡単に作成できます。 各地域の対象購買者の好みや、個別の顧客要件に合わせて製品をカスタマイズできます。 社内関係者は、どんなデバイスからでも、迅速かつ経済的に製品の高品質な視覚資産をオンデマンドで作成できます。

視覚的なデータ管理を効率化
大量のコンテンツ作成を効果的に行うには、効率的な視覚データの変換と組織化が求められます。 バーチャル・ガレージの強力なデジタル資産管理システムを使用すると、広範な視覚データと関連するメタデータを管理・変換できます。正確なバージョン管理を保証しながら、資産の共有、コラボレート、公開を実現します。

主な特徴と利点

  • 製品の作成前であっても、市場への展開キャンペーンやデジタルで作成した製品の早期発表を促進できます
  • 製品ライフサイクルの早い段階で、CADデータから魅力的なハイエンドの視覚資産を効率的に作成できます
  • 製品の構成、複雑性、カスタマイズのオプションを含む全体を網羅するコンテンツを柔軟に再利用し適用することで、複数のチャネルにわたって一貫したストーリーを伝えることができます
  • 現場での高価な物理的製品プロトタイプのニーズを排除し、生産コストの削減と市場投入期間の短縮を実現します
  • 3Dビジュアライゼーションに関する専門知識を必要とせず、イメージを迅速かつ簡単にコスト効率の高いオンデマンドで作成できます
  • セキュアなデジタル資産管理システムを使用することで、単一のセキュアなサーバーから最新のデータ、情報、資料にアクセスし共有できるため、コストの削減と時間の節約が実現します
  • 中央ストレージとテクスチャ、環境、照明などのビジュアル・ステージング・コンポーネントの再利用によるビジュアライゼーションの使用事例を通じて、製品とブランドのビジュアル・イメージの一貫性を維持します
  • 管理者および非技術系の専門家による意思決定、レビュー、検証の視覚的プロセスを、インタラクティブなプレゼンテーション、リアルタイム・ストリーミング、リモート・フィードバック、バーチャル会議室によって促進します
  • オンデマンドのマーケティング資産の制作と広告代理店とのコミュニケーションをサポートするよう設計されたブラウザベースの即時レンダリング機能で、コストの削減と時間の節約します
  • 中央管理されたPDM統合型のハイエンド・ビジュアライゼーション・バックボーンを通じて、グローバルな共有とコラボレーションによるモデルの作成ワークフローを合理化することでコストの削減と時間の節約を実現します
  • ビジュアライゼーション・モデル・データと情報ライブラリの管理タスクを、メタデータと検索概念を利用することでスピードアップし、安定したエンジニアリング・データ供給(たとえばメディア制作パイプラインのフィード)を実現します
  • 戦略および運用手法コンサルタントだけでなく、視覚化プロセス分析からツールおよびプロセスの設計と導入までの全範をカバーします
  • 製品データと情報供給、バーチャル・モデルの準備、メディア制作、および目標の視覚化の各プロセスの間に生まれるギャップを埋める役割を果たします。