コンセプチュアル・エンジニアリング

自動車のコンセプト開発を促進し、最初から正しい結果を実現

新しい革新的な輸送機械に対する世界的需要が高まっており、市場の要求も常に変化しています。収益性の高いこの市場のシェアを確保するには、車両やコンポーネントの開発チームが消費者のイメージする自動車を素早く効率的に製品として実現できなければなりません。

インダストリー・ソリューション・エクスペリエンス「ターゲット・ゼロ・デフェクト」の コンセプチュアル・エンジニアリング では、分野横断型のコンポーネント / 車両開発向けの統合型プラットフォームを提供します。3Dを活用した統合型のコラボレーション環境で変換エラーを最小限に抑え、革新的な構想を市場で売れる製品へと素早く発展させます。

主な特徴とメリット

  • 開発パラダイムを「形状から機能へ」から「機能から形状へ」にシフトさせ、車両 / コンポーネントの設計と性能を最適化
  • 統合型開発プラットフォームがチーム間でのコンポーネント変換の必要をなくし、協業を最適化
  • 3Dを活用した統合型のコラボレーティブ開発環境で構想から最適な製品までの過程が促進され、最初から正しい結果が実現